中央診療施設などのご紹介

患者総合サポートセンター

高齢者の増加という背景もふまえ、医療の目的は単に病気を治癒に導くことのみならず、病気や障がいを持ちながら生活を継続するという視点を持つことが求められます。そのため、地域において医療機関は適切に役割分担し、在宅医療や介護とも連携するネットワークを上手く機能させる必要があります。また、高齢者の長期入院は入院自体が身体機能や認知機能を低下させる原因となるので、病院では効率的な入院医療を提供し、早期に退院し生活に戻るための支援を行うことも大切です。私たちの病院では、これまで地域保健医療推進部という部署が前者の地域連携と後者の退院支援を院内多職種との連携のもと行ってきました。今回こうした医療をバックアップする機能を更に強化するため、患者総合サポートセンターという新たな部署を立ち上げました。

 

外来玄関を入ってすぐ左手に「患者総合サポートセンター」という看板が掲げられたカウンターがあります。ここでは、従来各診療科で個別に行っていた入院予定患者さんに対する説明、オリエンテーションや情報収集を入院が決まった段階で一括して行い、もし入院治療が円滑に進むことを阻害するような要素がある場合には早期に解決を図るための支援を行うこととしています。以前は入院時にスタートしていた退院支援を入院前から支援を行う入退院支援にバージョンアップしたというわけです。また、同フロアの医療相談室では常時医療ソーシャルワーカーと事務職員が患者さんやご家族からの多種多様な相談ごとに迅速に対応します。

 

患者総合サポートセンターに常駐するスタッフは看護師、医療ソーシャルワーカーと事務職員ですが、医師、薬剤師や管理栄養士などセンターに所属しない院内多職種が適宜ここに出向いて必要な支援を行います。

 

入院外来を問わず不安なことやわからないことがあれば、お気軽にセンターあるいは医療相談室のスタッフにお声がけください。

 

« 前のページに戻る