閉じる
このページを一時保存する
保存されたページはありません
診療科・部門

乳腺・内分泌外科

診療日

新患外来 月曜、水曜
※火曜、木曜、金曜は特殊外来
※紹介状のある方のみ
※FAX予約が必要です
再診外来 月曜、水曜
※火曜、木曜、金曜は特殊外来
外来受付電話番号 025-227-2569

外来担当医表

外来名・曜日
新来七診成瀬香菜
諸 和樹
休診内田 遥
土田純子
休診
再来二診土田純子
諸 和樹
休診諸 和樹
内田 遥
休診
五診休診休診

受付場所

外来診療棟1階 乳腺・内分泌外科受付

外来診療棟1階 乳腺・内分泌外科受付

診療科のご案内

 

 概要

乳がんは日本人の女性が最も多くかかるがんであり、大きな社会問題となっています。当科では特に乳がんの治療に重点をおいて診療を行っております。乳がんの治療は多岐に渡っており、様々な分野の医師、医療スタッフと協力し、「患者に寄り添い、一人一人に最適な治療を提供する」をモットーに一丸となって努力しています。外来は、月、水に初診外来、月、水、金に再診外来を行っています。手術日は、火、木、金であり、年間約150例の乳がん手術を行っています。遺伝性乳がん卵巣がんへの取り組みも積極的に行っており、遺伝カウンリングやリスク低減手術の実績も積んでおります。治療を必要とする患者に速やかに対応するため、新患外来は予約制とさせて頂いております。紹介状が無い場合には、診断のためにまず近隣の協力医療機関をご紹介させて頂きますので、受診前にお電話にてご確認ください。ご理解を頂けますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

取り扱っている主な疾患

  • 乳がん
  • 遺伝性乳がん卵巣がん
  • 乳腺良性疾患

特色ある治療

遺伝性乳がん卵巣がんに対する取り組み

遺伝性乳がん卵巣がん(HBOC)では、BRCA1やBRCA2という遺伝子の異常によって、家族性に乳がんや卵巣がんの発症リスクが高まります。当院では、遺伝医療支援センターとの協力体制のもと、HBOCが疑われる患者さんに遺伝カウンセリングや遺伝学的検査を提供しております。令和2年4月から、HBOCと診断された患者に対して、将来がんが発症する可能性の高い乳房および卵巣を予防的に切除する、リスク低減乳房切除術(希望があれば同時に乳房再建術)、リスク低減卵巣卵管切除術が保険収載されました。当院は、日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構の認定施設として、婦人科や形成外科と連携し、リスク低減手術を積極的に行っております。また、手術を希望されない未発症のHBOCの患者を対象とした定期的な検診(サーベイランス)も実施しております。

乳房再建・整容性に向けた取り組み

乳房再建とは乳がんの手術により変形あるいは失われた乳房をできる限り取り戻すための手術です。乳房再建を行うことにより乳房の喪失感が軽減し、下着着用時の補正パットが不要になる等の日常生活の不都合が減少します。乳房再建術は乳がんに対する乳房切除後、および遺伝性乳がんに対するリスク低減乳房切除術後であれば保険診療として実施できます。当院は日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会より乳房再建用エキスパンダー/インプラント実施施設に認定されており、形成外科と協力して乳房再建を行っております。乳房再建の方法(人工物か自家組織か)や乳房再建の時期(乳がん手術と同時か別で行うか)は様々であり、患者1人1人の病状やご希望に合わせて相談していくことが必要となります。乳房再建について希望がある、考えてみたいという方には、形成外科と連携して、安全性と整容性のバランスに配慮した治療を提供いたします。

重篤な併存症等を抱えた患者に対する治療提供

超高齢社会となり、乳がんに併存する他の疾患(併存症)を有する患者が増えております。また、重複がんといって、乳がん以外のがんを同時に認めることもしばしばあります。乳がん診療では、がんの状態だけでなく、併存症や重複がんの状況を踏まえて治療方針を決めていく必要があります。当院は厚生労働省が指定する「特定機能病院」であり、高度な医療を提供できる複数の診療科が連携することで、重篤な併存症等で他院では治療が難しい患者に対して治療を行う体制が整っております。また、乳がんの治療では、手術治療のほか、薬物治療(抗がん剤治療やホルモン療法)、放射線治療など複数の治療法を組み合わせて行う集学的治療が求められます。当院では診療科の垣根を取り払い、関係各科が集まって議論するキャンサーボードといった体制により、重篤な併存症を有する患者の治療や集学的治療の方針を検討し最適な治療を提供しております。

治療・手術件数

治療・手術の名称 件数
乳房切除術 120件(2022年)
乳房温存手術 31件(2022年)
乳房再建手術 7件(2022年)
リスク低減手術(予防的乳房切除) 8件(2022年)
乳腺腫瘤摘出術 8件(2022年)

施設認定

  • 一般社団法人日本外科学会 外科専門医制度修練施設(指定施設)
  • 一般社団法人日本乳癌学会 認定施設
  • 一般社団法人日本遺伝性乳癌卵巣癌総合診療制度機構 認定施設
  • 一般社団法人日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 乳房再建用エキスパンダー/インプラント実施施設

専門医、認定医

専門医・認定医の名称 人数
日本外科学会 外科専門医 24名(2023年度)
日本外科学会 指導医 9名(2023年度)
日本乳癌学会 乳腺専門医 4名(2023年度)
日本乳癌学会 乳腺指導医 1名(2023年度)
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 3名(2023年度)
がん治療認定医機構 がん治療認定医 10名(2023年度)
日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医 4名(2023年度)
日本遺伝性腫瘍学会 遺伝性腫瘍専門医 7名(2023年度)

乳がん診療パンフレット

当科では、乳がんと診断された患者様向けに独自のパンフレットを作成しました。

どうぞご覧ください。

 

乳がんと診断されたあなたへ

No.1 これだけは知っておきたい乳がんのこと

この冊子では、乳がんの診断から治療までの流れを説明しています。乳がんの手術を受けられる皆さんに、読んで頂ければと思います。

 

No.2 もっと知りたい乳がんのこと

この冊子では、皆さんが病気と闘いながらも、少しでも充実した毎日を過ごすためのポイントをまとめました。ご興味のある項目があれば、是非読んでみてください。