閉じる
このページを一時保存する
保存されたページはありません
診療科・部門

腫瘍内科

診療日

新患外来
再診外来 月曜~金曜
※原則予約制
外来受付電話番号 025-227-2534

外来担当医表

外来名・曜日
新患西條・森山西條・周
再来森山・西條齊木佐々木・松本

受付場所

外来診療棟2階 腫瘍内科受付

外来診療棟2階 腫瘍内科受付

診療科のご案内

腫瘍内科
診療科長 西條 康夫

概要

腫瘍内科はがん薬物療法(化学療法)を専門とする診療科です。臓器横断的に、成人のさまざまながんに対する薬物療法を行っています。病状や治療を考慮しながら入院治療、外来通院治療に対応しています。また、他診療科と連携してがん患者さんを包括的に診療しています。緩和ケアチームとも早期から連携し、患者さんの様々な苦痛を和らげるように尽力しています。 がん薬物療法の進歩は著しく、新規薬剤の開発に伴い、治療内容も常に刷新されています。一方で、分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬などの登場により、新たな副作用も出現しています。私たちは、最新のがん薬物療法を提供すると共に、適切な副作用管理を行うことで、新潟県におけるがん診療の向上に努めています。さらに心疾患や腎疾患など、他疾患を合併している方や、複数のがんに罹患している方などにも、最適ながん薬物療法を検討し、実践しています。

取り扱っている主な疾患

成人の固形腫瘍のがん薬物療法を全般に診療していますが、主として以下のがんの薬物療法を行っています。

  • 消化器がん(食道がん、胃がん、大腸がん、すい臓がん、胆道がん)
  • 気道閉塞性疾患(慢性閉塞性肺疾患、びまん性汎細気管支炎など)
  • 原発不明がん・希少がん
  • 乳がん
  • 骨軟部腫瘍

特色ある治療

特色ある治療①

経験豊富ながん薬物療法専門医が治療を担当し、分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬などを含む最新のがん薬物療法を行っています。

特色ある治療②

併存疾患や併用薬を有するリスクのあるがん患者さんに対し、これらを考慮した至適ながん薬物療法を行っています。

治療・手術件数

治療・手術の名称 件数
K6113抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 6件(2020年)
胃の悪性腫瘍 化学療法 20件(2020年)
肝・肝内胆管の悪性腫瘍 化学療法 1件(2020年)
大腸の悪性腫瘍 化学療法 22件(2020年)
乳房の悪性腫瘍 化学療法 4件(2020年)
肺の悪性腫瘍 化学療法 12件(2020年)

施設認定

  • 日本臨床腫瘍学会 認定研修施設
  • 日本がん治療認定医機構 認定研修施設

専門医・認定医

専門医・認定医の名称 人数
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医 5名(2022年度)
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 5名(2022年度)
日本緩和医療学会 緩和ケア認定医 1名(2022年度)
日本内科学会 総合内科専門医・指導医 2名(2022年度)
日本呼吸器学会 呼吸器専門医・指導医 1名(2022年度)
日本血液学会 血液専門医・指導医 1名(2022年度)
日本臨床検査医学会 臨床検査専門医 1名(2022年度)