閉じる
このページを一時保存する
保存されたページはありません
診療科・部門

耳鼻咽喉・頭頸部外科

診療日

新患外来 火曜、木曜、金曜
※紹介状のある方のみ
※FAX予約が必要です
再診外来 火曜、木曜、金曜(特殊外来)
外来受付電話番号 025-227-2623

外来担当医表

外来名・曜日
初診
(午前のみ)
休 診
(手術日)
堀井 新
泉 修司
正道隆介
馬場洋徳
休 診
(手術日)
森田由香
山岸達矢
植木雄志
佐々木崇暢
山崎恵介
大島伸介
岩井玄樹
再診
(専門外来)
午前難聴・めまい森田由香
山岸達矢
八木千裕
大島伸介泉 修司
鼻咽喉岩井玄樹馬場洋徳
若杉 亮
佐々木崇暢
宮島宏美
若杉 亮
腫瘍山崎恵介
横山侑輔
正道隆介
高橋剛史
植木雄志
高橋剛史
午後難聴・めまい 泉 修司森田由香
山岸達矢
川浪孝介
(2,4週のみ)
大島伸介
鼻咽喉馬場洋徳
高橋奈央
(4週のみ)
佐々木崇暢岩井玄樹
腫瘍正道隆介植木雄志山崎恵介

受付場所

外来診療棟エントランス階 耳鼻咽喉・頭頸部外科受付

外来診療棟エントランス階 耳鼻咽喉・頭頸部外科受付

診療科のご案内

診療科長 堀井 新

概要

きこえ、バランス、におい、味などの感覚器や呼吸、嚥下、発声など生命に維持に重要な器官の病気を取り扱っています。幅広い分野であるためそれぞれに高い専門性が求められますが、当科では、耳鼻咽喉科・頭頸部外科領域のあらゆる疾患に、専門的な対応ができる診療体制をとっています。具体的には、耳疾患、めまい、顔面神経麻痺、鼻疾患、顔面・口腔・咽頭・喉頭・頸部疾患、悪性腫瘍、先天性奇形、音声障害、嚥下障害、睡眠呼吸障害、言語発達遅滞などの診断と治療にあたっています。初診の方は、紹介元の病院/医院より新患予約をとり、新患外来で診察します。その後必要に応じて、精密検査(完全予約制)を施行し、各専門外来(完全予約制)で診断・治療を行います。

取り扱っている主な疾患

  • 外耳疾患(外耳道炎、外耳道真珠腫、外耳腫瘍など)
  • 耳疾患(中耳真珠腫、慢性中耳炎、耳硬化症、中耳奇形など)
  • 側頭骨頭蓋底疾患(聴神経腫瘍、グロームス腫瘍、顔面神経鞘腫、聴器癌など)
  • 先天性難聴、若年発症型両側性感音難聴、遺伝性難聴
  • 突発性難聴、騒音性難聴、全身疾患に伴う難聴
  • 耳鳴
  • めまい(メニエール病、良性発作性頭位めまい症、持続性知覚性姿勢誘発めまい(PPPD)など)
  • 顔面神経麻痺
  • 副鼻腔炎、好酸球性副鼻腔炎、副鼻腔真菌症
  • アレルギー性鼻炎
  • 嗅覚障害
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 慢性扁桃炎、病巣扁桃
  • 味覚障害
  • 咽喉頭異常感症
  • 頭頸部良性腫瘍/悪性腫瘍(聴器、鼻副鼻腔、口腔、咽頭、喉頭、唾液腺、甲状腺、頸部など)
  • 音声障害(声帯ポリープ、声帯結節、ポリープ様声帯、反回神経麻痺、痙攣性発声障害など)
  • 嚥下障害

特色ある治療

難治性めまいの診断・治療

めまい症状のほとんどは内耳疾患に起因するものであり、特に繰り返すめまい、難聴を伴うめまい、慢性のめまいは耳鼻咽喉科で聴力を含めた精密検査が必要です。近年、慢性めまいの診断のひとつとして持続性知覚性姿勢誘発めまい(PPPD)の概念が提唱されました。PPPDは機能性疾患であり、きちんと診断できれば治療が可能です。当科ではバラニー学会で策定したPPPDの診断基準策定に当初からかかわり、日本語訳にも携わってきた経緯から、全国から多数の患者さんが来院されています。現在では、当科で作成したPPPDの問診表は全国、全世界で利用されています。当科では、PPPDに対して、薬物療法、リハビリに加え認知行動療法を行っています。さらに、PPPD以外の慢性めまいに対しても、リハビリ治療、感覚代行など新しい治療方法の開発に取り組んでいます。

機能改善をめざした手術・治療

耳、鼻、のどは、人が生きていく上で重要な機能をもっています。耳鼻咽喉科ではそれぞれの臓器障害の機能を回復させ、QOL向上を目指した治療を行っています。具体的には、きこえを回復させる、鼓室形成術やアブミ骨手術の他、高度難聴例に対しては人工内耳埋込術を行っています。特に真珠腫に対する鼓室形成術は全国有数の治療成績です。鼻疾患では近年増加中である、好酸球性副鼻腔炎に対して、鼻閉、嗅覚の改善を目指したナビゲーション下で内視鏡下副鼻腔手術を行い、場合によっては、生物学的製剤も使用しています。また、アレルギー性鼻炎に対する舌下免疫療法など、手術以外の治療も積極的に行っています。のど疾患では、睡眠時無呼吸症候群に対する口蓋扁桃摘出術の他、リハビリテーションで回復困難な高度の嚥下障害に対して、嚥下機能改善手術を行っています。また、痙攣性発生障害に対して、ボツリヌス毒素製剤を用いた治療も外来で行っています。

頭頸部癌の集約的治療と甲状腺・副甲状腺手術

耳鼻咽喉科領域に発生するすべての悪性腫瘍に対して、手術療法、放射線療法、化学療法から最適な治療を選択し、必要があれば、これらを組み合わせた集学的治療も行っています。手術に関しては、可能な限り機能の温存を目指し、個々の患者さんに最も適切な手術を提案しています。さらに近年発達してきた化学療法については最新の治療プロトコールを導入しています。化学療法については、内容によって外来通院治療も可能となっています。また当院では甲状腺・副甲状腺疾患の手術治療は耳鼻咽喉科で担当しています。内分泌疾患は術後のホルモン調節が重要ですが、できるだけ臓器温存、特に副甲状腺の温存に努めて、術後の補充治療が不要になるようにしています。

治療・手術件数

治療・手術の名称 件数
鼓室形成術 81件(2020年度)
人工内耳埋込術 21件(2020年度)
アブミ骨手術 11件(2020年度)
内視鏡下鼻副鼻腔手術 93件(2020年度)
口蓋扁桃摘出術 58件(2020年度)
嚥下改善手術 8件(2020年度)
咽頭・喉頭悪性腫瘍摘出手術 10件(2020年度)
頸部郭清術 62件(2020年度)
皮弁再建術 16件(2020年度)
甲状腺手術(悪性・良性・バセドウ病含む) 100件(2020年度)

施設認定

  • 一般社団法人日本耳鼻咽喉科頭頸部学会専門医制度認定施設
  • 一般社団法人日本耳科学会認定 耳科手術指導医認可研修施設
  • 一般社団法人日本鼻科学会認定 鼻科手術指導医認可研修施設
  • 特定非営利活動法人日本頭頸部外科学会認定 頭頸部がん専門医指定研修施設
  • 日本がん治療学会認定医機構 認定研修施設
  • 一般社団法人日本内分泌外科学会 認定施設

専門医、認定医

専門医・認定医の名称 人数
耳鼻咽喉科専門医 15名(2020年度)
耳鼻咽喉科専門研修指導医 10名(2020年度)
頭頸部外科専門医 4名(2020年度)
頭頸部外科指導医 1名(2020年度)
がん治療認定医 4名(2020年度)
耳科手術暫定指導医 3名(2020年度)
内分泌外科専門医 1名(2020年度)
補聴器適合判定医 1名(2020年度)
補聴器相談医 8名(2020年度)
めまい相談医 2名(2020年度)
騒音性難聴担当医 2名(2020年度)