閉じる
このページを一時保存する
保存されたページはありません
診療科・部門

光学医療診療部

受付場所

病棟 2F 光学医療診療部受付

病棟 2F 光学医療診療部受付

部門のご案内

概要

内視鏡を用いて消化管や、気管支・肺の病気の診断と治療を行う診療部門です。年間約6,400件の内視鏡検査を行っており、上部消化管内視鏡検査 3,800件、大腸内視鏡検査 1,700件、内視鏡的逆行性膵胆管造影(ERCP)280件、超音波内視鏡 170件、小腸内視鏡とカプセル内視鏡 100件、気管支鏡 330件 などとなっています(2021年集計分)。すべての検査台で最新の機器を用いて診療を行っており、気管支鏡も、超音波機能を併用した最先端の検査が実施可能です。内視鏡を用いた治療も精力的に行っており、早期がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は年間200件程度の実績があります。また、食道アカラシアに対する経口内視鏡的筋層切除術(POEM)、肥満症に対する内視鏡的胃内バルーン留置術(自由診療)、食道癌に対する光線力学的療法は、全国でも数少ない施行可能な施設の一つとなっております。