閉じる
このページを一時保存する
保存されたページはありません
診療科・部門

心療内科

診療日

新患外来
再診外来 火曜~木曜(特殊外来)
外来受付電話番号 025-227-2534

外来担当医表

外来名・曜日
午前
午後真島村松(芳)
村松(公)
村松(芳)真島

受付場所

外来診療棟2階 心療内科受付

外来診療棟2階 心療内科受付

診療科のご案内

心療内科
診療科長 菊地 利明

概要

心療内科では、「心身症」という病態を示す患者さんに対して、心身医学的なアプローチ〈心身医学療法〉を行っています。 心身症とは、「身体の病気の中で、発症やその後の経過に心理社会的な要因が密接に関係しているもの」であり、神経症やうつ病などの精神疾患は心身症とは呼びません。ここで「心理社会的要因」とは、性格などの個人的要因、あるいは社会的なストレスなどです。 心身症では、不安定な精神状態が身体症状として現れたり、身体的不調も精神の働きに影響するので、「心」と「身体」の相互作用(心身相関)を念頭に置きながらの治療が必要です。 ※当院の心療内科は、初診は「完全予約制」となっており、原則として紹介状が必要です。また、外来診療のみで入院治療は行っていません。なお、年齢は高校生以上を対象としています。

取り扱っている主な疾患

気管支喘息・高血圧症・緊張型頭痛。また、過敏性腸症候群・パニック障害、そして、膠原病・腎不全(透析患者も)・慢性閉塞性肺疾患・慢性呼吸不全における不安・抑うつ、その他 神経性食欲不振症などを診ております。 ただし、ストレスが強く影響して「うつ病」・「不安障害」・「睡眠障害」などの精神疾患が合併している場合、当科でも可能な範囲で診療を行うこともあります。しかし、精神疾患が中心の病態では、専門の精神科に治療をお願いしています。

特色ある治療

特色ある治療①

一般的な身体的薬物治療に加え、抗不安薬・抗うつ薬・睡眠導入剤・漢方薬を組み合わせて治療を行っています。

特色ある治療②

専門的治療として集団自律訓練法を行っています。 自律訓練法の「自律」とは、「Autogenic:本来人間の持っている自律性=恒常性すなわちホメオスターシスを機能させる」という意味があります。また「ありのままに任せる」「自己制御・自己練習」という意味も含まれます。 具体的には、リラックスした状態により緊張・不安の軽減、疲労の回復、身体の痛みの緩和などの効果があります。

施設認定

  • 日本心身医学会研修診療施設

専門医、認定医

専門医・認定医の名称 人数
日本心身医学会心身医療専門医 2名(2022年度)
日本心身医学会合同心療内科専門医 1名(2022年度)

専門外来

  • 自律訓練外来(月1回)