閉じる
このページを一時保存する
保存されたページはありません
診療科・部門

口腔再建外科

診療日

新患外来 第1月曜、第3月曜、第5月曜、火曜~金曜
※火曜、金曜は紹介状のある方のみ
再診外来 月曜~金曜
※原則予約制
外来受付電話番号 025-227-2951
025-227-2952
025-227-2957
025-227-2960
※予約変更・キャンセルの場合は、月曜日~金曜日(祝祭日を除く。)の午後2時~午後4時の間にお願いします。

外来担当医表

新来紹介状あり
紹介状なし奇数週
新患担当医外来に掲示します
再来担当医の予約制です
担当医顎変形症小林正治・長谷部大地・齋藤大輔
佐久間英伸・齋藤直朗 他
口腔腫瘍小林正治・船山昭典・佐久間英伸 他
いびき小林正治・長谷部大地
齋藤大輔・齋藤直朗・須田大亮 他
歯の移植小林正治・齋藤大輔・齋藤直朗 他
歯槽骨・
顎骨再生
小林正治・船山昭典・長谷部大地・齋藤大輔・須田大亮 他

※新来は当診療科宛紹介状持参の方は毎日受け付けています。
 (水曜日、木曜日、奇数週の月曜日は紹介状がなくても受け付けます) ※再来は予約制ですが、急患対応も致します。

受付場所

外来診療棟4階 歯科受付2

外来診療棟4階 歯科受付2

診療科のご案内

診療室長 小林 正治

当科には関連する学会の指導医、専門医が多く在籍しており、科学的根拠に基づいた治療を皆様の十分な理解と納得をいただいたうえで行うように努めています。
また当院の各診療科とも連携しつつ専門性を生かした医療を行うとともに、地域医療機関との連携も積極的に行っています。

概要

当科は多くの患者さんが地域医療機関の紹介により来院しており、病診連携をとりながら口腔外科指導医・専門医を中心とした高度な医療を丁寧な説明のもとに提供することを常に心がけています。
口の中とその周囲に発生するあらゆる疾患を診療の対象としています。特に顎変形症、口腔粘膜疾患・口腔がんなどの治療に力を入れており、高い治療成績をあげています。
安心で安全な医療を提供するため、十分な説明を行い、納得して治療をうけていただけるように努めています。また疾患を総合的に診断・治療するため他の診療科とも協力して診療を行います。

取り扱っている主な疾患

  • 歯とその周囲組織の外科的処置:親知らずの抜歯、難易度の高い抜歯、合併症を持つ患者の抜歯、萌出困難歯の開窓、歯の移植など
  • 炎症:口腔顎顔面領域の重症感染症
  • 顎変形症:顎骨(あご)の変形を伴う歯列不正や顔の変形
  • 口腔顎顔面領域の先天異常疾患:口唇裂・口蓋裂など
  • 口腔腫瘍:口腔領域に発生する良性および悪性腫瘍(口腔がん)
  • 嚢胞:顎骨(あご)や口腔軟組織にできる嚢胞
  • 外傷:顎骨(あご)の骨折、歯の外傷、顔面や口腔軟組織の損傷など
  • 口腔粘膜疾患:アフタ性口内炎、舌炎、白板症、扁平苔癬、難治性口内炎など
  • 唾液腺疾患:唾石、粘液嚢胞、唾液腺腫瘍など
  • 顎関節疾患:顎関節症、顎関節脱臼など
  • 歯科インプラント:顎骨(あご)の欠損や吸収の著しい症例、口腔顎顔面の再建

特色ある治療

(上下の前歯のかみ合わせが開いている)などの顎骨(あご)の変形を伴った歯列不正の場合、通常の歯科矯正治療のみでは良好なかみ合わせや顔貌を獲得することが難しく、顎矯正手術(顎の骨ごと移動する手術)を併用する外科的矯正治療を行っております。
外科的矯正治療は当院の矯正歯科または開業矯正歯科と連携しておこなっており、その手術件数は本邦有数です。顎変形症のパターンはさまざまで、顎矯正手術には下顎を移動する手術、上顎を移動する手術、前歯のみ移動する手術、オトガイ部(顎の先端部)を移動する手術などがあり、患者さんの希望に合わせてこれらの手術を組み合わせて行います。近年は最新技術である3次元シミュレーションを用いて手術計画を立てており、より精度の高く患者さんに満足いただける治療を提供しています。

口腔がんの根治治療の第一選択は手術です。診療ガイドラインに沿って標準治療をしますが、患者様個々の特性を考慮し方針を決定しております。がん進展範囲を調べるためには、CT、MRI、超音波検査、PET-CTが必要になります。受診後、なるべく早期での治療を行うためにこれらの検査を迅速に行い、治療方針を決定します。進行癌の場合は、手術を前提とした術前化学療法(抗がん剤治療)を行う場合もあります。また、手術後の病理結果からハイリスク症例と判定される場合には術後補助療法(放射線治療、抗がん剤治療)を行う場合もあります。がん切除による組織欠損に対しては、形成・美容外科と合同で遊離組織移植による即時再建をおこなっております。白板症や紅板症といった前癌病変(口腔潜在的悪性疾患:将来的にがんへ移行する可能性がある病変)に対しては、細胞診や生検をおこなったうえで、早期に切除する方針としております。

 

治療・手術件数

治療・手術の名称 件数
顎変形症手術 47件(2021年)
悪性腫瘍(がん)手術 58件(2021年)
抜歯・嚢胞・良性腫瘍手術 148件(2021年)
インプラント・骨造成手術 15件(2021年)
消炎手術 15件(2021年)
外傷手術 10件(2021年)
唇顎口蓋裂手術 7件(2021年)

※上記件数はすべて入院手術症例のみ

施設認定

  • 公益社団法人日本口腔外科学会認定研修施設
  • 一般社団法人日本口腔腫瘍学会認定 口腔がん専門医制度指定研修施設
  • 一般社団法人日本口腔内科学会認定研修施設
  • 一般社団法人日本顎関節学会認定 顎関節症専門医研修施設
  • 特定非営利活動法人日本口腔科学会認定研修施設

専門医、認定医

専門医・認定医の名称 人数
日本口腔外科学会 指導医・専門医・認定医 指導医3名、専門医3名、認定医3名(2021年度)
日本口腔腫瘍学会 口腔がん指導医 1名(2021年度)
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 1名(2021年度)
日本顎顔面インプラント学会 指導医 1名(2021年度)
日本口腔内科学会 指導医 2名(2021年度)
日本顎関節学会 指導医 1名(2021年度)
日本睡眠歯科学会 指導医・認定医 指導医1名、認定医1名(2021年度)
日本再生医療学会 再生医療認定医 1名(2021年度)
日本口腔科学会 指導医・認定医 指導医4名、認定医4名(2021年度)

専門外来