お知らせ

[お知らせ] 2019.1.22

AIを活用した手術後感染の予測モデルを構築しました

詳細はこちらicon_pdf

                        2019年1月22日
                     国立大学法人新潟大学
             NECソリューションイノベータ株式会社


    AIを活用した手術後感染の予測モデルを構築

    ~AUC85%の予測を達成~

 

 国立大学法人新潟大学(医療情報部教授:赤澤宏平、薬剤部:中澤香子、

以下新潟大学)とNECソリューションイノベータ株式会社(本社:東京都

江東区、代表取締役執行役員社長:杉山清、以下NECソリューションイノ

ベータ)は、AIを活用し、消化器外科手術患者の手術後感染を予測する

モデルの検証を行いました。

 本検証ではNECの最先端AI技術群「NEC the WISE」の1つである「異種

混合学習技術」を活用しており、新潟大学医歯学総合病院の消化器外科

手術で入退院した患者、約2,000人の電子カルテのデータを匿名化して

用いました。

 その結果、精度指標を示すAUC 85%を達成する手術後の感染を予測する

モデルを構築しました。

 
 
今後も両者は、医療現場の様々な課題に対し、AIを活用することで、新たな価値を
創造し、安全・安心な医療現場の実現や医療の発展への貢献を目指します。

« 前のページに戻る