お知らせ

[お知らせ] 2019.10.23

ラニチジン塩酸塩の自主回収への対応について

令和元年10月23日

ラニチジン塩酸塩の自主回収への対応について

病院長 冨田 善彦

 消化性潰瘍用剤である「ラニチジン塩酸塩」の有効成分に発がん性の可能性があるとされるN-ニトロソジメチルアミン(以下、NDMA)が検出されたことが判明したため、販売メーカーより自主回収を行う旨、発表がありました。
 お手持ちの医薬品の中に回収対象薬品がありましたら、自己判断で服用を中止せず、可能な限り早々にお薬を受け取った医療機関や保険薬局にご相談下さい。
 なお、お手持ちの薬剤を回収させていただくとともに服薬が終了していない場合は、代替薬剤に切替える必要があり、その際の費用負担につきましては、各メーカーが対応することになります。

 
 <回収対象薬品>
 ザンタック錠75、ザンタック錠150 (グラクソ・スミスクライン ㈱)
 ラニチジン錠75mg「マイラン」、ラニチジン錠150mg「マイラン」(マイラン製薬 ㈱)
 ラニチジン錠75mg「YD」、ラニチジン錠150mg「YD」(㈱ 陽進堂)
 ラニチジン錠75mg「KN」、ラニチジン錠150mg「KN」(小林化工 ㈱)
  ラニチジン錠75mg「サワイ」、ラニチジン錠150mg「サワイ」(サワイ製薬 ㈱)
 ラニチジン錠75mg「タイヨー」、ラニチジン錠150mg「タイヨー」(武田テバファーマ ㈱)
 ラニチジン錠75mg「ツルハラ」、ラニチジン錠150mg「ツルハラ」(鶴原製薬 ㈱)
 ラニチジン錠75mg「トーワ」、ラニチジン錠150mg「トーワ」(東和薬品 ㈱)
 ラニチジン錠75mg「日医工」、ラニチジン錠150mg「日医工」(日医工 ㈱)
 ラニチジン錠75mg「JG」、ラニチジン錠150mg「JG」(日本ジェネリック㈱)

 当院では、内服薬についてはザンタック錠150を、注射薬についてはラニチジン注射液50mg「タイヨー」を使用しておりましたが、既に処方を停止し別の薬剤に変更し対応しております。また、上記薬剤を過去において処方された患者さまにつきましても個別に連絡しております。

<NDMAによる影響>
 NDMAは発がん性の可能性がある物質ですが、上記薬剤においては現在のところ発がん性との関連は確認されていません。
 ご心配・ご不明な点などございましたら、主治医にご相談下さい。
 当院では、今後も情報収集を行い、新たなことが分かり次第適切に皆様に情報提供させて頂く予定です。

問い合わせ先
新潟大学医歯学総合病院 医事課
TEL 025-227-2441

« 前のページに戻る