閉じる
このページを一時保存する
保存されたページはありません
診療科・部門

診療支援部 臨床工学部門

部門のご案内

概要

当部門は、生命維持管理装置などの医療機器の操作・保守管理を職務とする臨床工学技士で構成された部門です。有名な機器としては、新生児~成人に至る心臓・大血管の手術の際に使用される心臓と肺を代行する人工心肺装置、腎臓を代行する血液浄化装置、肺(換気)を代行する人工呼吸器、ECMO(エクモ)などがあります。これらを操作、管理するのが臨床工学技士です。その他にも各診療科の手術、心臓カテーテル検査・治療、植込み型心臓電気デバイスの操作などさまざまな場面で活躍し、3次救急を担う上でも重要な役割を果たしています。また、各スタッフはそれぞれの分野で専門性を持ち、複数部署を兼務できるよう研修・協力関係を皆で構築しております。特に新人研修を重視し、3年目から認定試験の挑戦や社会人大学院の進学をサポートしています。更に、日々の研究や人としての成長を重視した、より良い医療に貢献できる組織作りを目指しております。