閉じる
このページを一時保存する
保存されたページはありません
診療科・部門

診療支援部 臨床検査部門

部門のご案内

概要

臨床検査部門は複数の検査室で構成されています。検査部は、検体、生体および生物検査部門から構成されております。各部門では血液や尿などの検査、病原微生物の検査、PCR等の遺伝子検査および直接患者さんを対象とする生理機能検査が実施されており多種多様な検査で診療を支えております。病理部では、病理診断に用いられる病理標本(顕微鏡で観察するプレパラート)の作製や細胞診スクリーニング、病理解剖(剖検)等を行っています。詳しくは、病理部・病理診断科の紹介ページをご覧ください。輸血・再生・細胞治療センターでは、輸血や造血幹細胞移植、再生医療に伴う検査や細胞調製、製剤管理を行う部門であり、患者様へ安全かつ適正な輸血・細胞治療を提供することを目的としています。また、救急医療の現場では適切かつ迅速な血液の確保と、速やかに輸血ができるような体制が必要であり、当センターは救急医療においても重要な役割を担っています。