病院について

NCD事業

病院医療の崩壊や医師の偏在が叫ばれ、多くの学会や団体が医療再建に向けて新たな提言を行っていますが、どのような場所でどのような医療が行われているかが把握されていない状況では、患者さん目線の良質な医療は提供できません。そこで日本では、関連する多くの臨床学会が連携し、わが国の医療の現状を把握するため、NCD(一般社団法人National Clinical Database)という機関がデータベース事業を開始しており、本院でも必要なデータの提供を行っております。

本院は、NCD事業に、消化器外科、心臓血管外科、呼吸器外科、小児外科および脳神経外科が参加し、当該診療科にて手術・治療を受けられるすべての患者さんを対象にさせていただいております。本事業への参加は、患者さんの自由な意思に基づくものであり、参加されたくない場合は、データ登録を拒否していただくことができますので、受診の際に担当医師にお申し出ください。これにより、日常の診療等において、患者さんが不利益を被ることはありません。

詳しい内容については、以下のホームページをご覧下さい。

NCD:http://www.ncd.or.jp/

« 前のページに戻る