診療科のご紹介

【外来電話番号】025-227-2662

神経内科

神経内科は、脳の内科です。ふらつく、力が入らない、ふるえる、物忘れ、頭痛、しびれ、めまい等、脳や神経に関することについて内科的な診療を行っています。

具体的には、脳梗塞・脳出血などの脳卒中、脳炎や髄膜炎などの神経感染症、アルツハイマー病などの認知症、パーキンソン病・脊髄小脳変性症・筋萎縮性側索硬化症などの運動が不自由になるご病気、重症筋無力症や多発性硬化症などの免疫が関係するご病気、てんかんなどの診療を行っています。

特色ある治療

当科は日本で最も古い神経内科の一つで、多くの患者さんの診療にあたってきた実績があります。また日本で唯一の脳の疾患を研究する脳研究所に属していますので、最先端の研究成果をいかした診療を行っています。
平成28年度の、入院患者さんは1日あたり32人で、延べ11,630人の患者さんの診療にあたっています。他院からの紹介患者さんが多いのが特徴です。
免疫が関連するご病気については、海外の研究室とも連携し、正確な診断のもと治療に当たっています。多くの実績があり、良好な治療成績があります。
脳血管障害に対しては、急性期の診断、治療に積極的に取り組んでいます。
認知症については、治療可能な認知症の発見・治療と新たな治療法の開発を進めています。
眼瞼けいれん・片側顔面けいれん・痙性斜頚に対しては、ボツリヌス注射治療を行っています。
また遺伝相談、遺伝子診断も、行っています。正確な診断と最善の治療方法をご提案させていただいています。また、リハビリテーションや、地域における患者さんの生活支援にも積極的に取り組んでいます。
新しいお薬のちけんも積極的に行っています(詳細は、当院ちけんセンターのこちらのページをご覧下さい)。

取り扱っている主な疾患

  • 脳卒中(脳梗塞、脳出血など)
  • 変性疾患(パーキンソン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症など)
  • 免疫性疾患(重症筋無力症、多発性硬化症、視神経脊髄炎、末梢神経炎など)
  • 認知症(アルツハイマー病、レビー小体型認知症など)
  • その他(頭痛、てんかんなど)

担当医表

2017年8月1日現在

 
新患外来 脳神経1 横関 明男 金澤 雅人 小野寺 理

横関 明男
(再来のみ)

河内 泉
再来

脳神経2

脳神経3

脳神経4

野崎 洋明
佐治 越爾
須貝 章弘

石原 智彦
(当番医)
栁川 香織

堅田 慎一
栁川 香織

 

 

他田 正義
春日 健作
徳武 孝允

免疫性疾患 河内 泉
認知症 池内 健
ボツリヌス

他田 正義

(隔週)

寺島 健史

(隔週午後)

スタッフ紹介

  • 神経内科・科長/小野寺理
    医歯学総合病院 神経内科・科長/小野寺 理
  • 研究推進機構 超域学術院 准教授/池内健

    脳研究所 生命科学リソース研究センター遺伝子機能解析学 教授/
    池内 健

  • 講師/河内泉
    医歯学総合病院・講師/河内 泉

  • 魚沼地域医療教育センター・特任教授/寺島 健史
  • 医歯学総合研究科 臓器連関学寄付講座・特任准教授/ 横関 明男
  • 病棟医長・脳研究所・助教/他田 正義
  • 総括医長・医歯学総合病院・助教/堅田 慎一
  • 外来医長・医歯学総合病院・助教/金澤 雅人
  • 脳研究所・助教/春日 健作
  • 医学部・助教/野崎 洋明
  • 医歯学総合病院・医員/栁川 香織
  • 脳研究所・助教/石原 智彦
  • 医歯学総合病院・助教/徳武 孝允
  • 医歯学総合病院・特任助教/佐治 越爾
  • 医歯学総合病院・特任助教/須貝 章弘

 

 WEBサイト 外来案内図

« 前のページに戻る