診療室のご紹介

歯科ペインクリニック外来

口や顔の痛みの治療は、まず正確な診断から。われわれの診療室では、末梢の神経に障害がないかを詳細に調べるところから始めます。つまり歯につながる神経が集まり神経の束を作り、上顎骨や下顎骨の中を走行して、さらに神経の塊である三叉神経節に至る部分で何らかの損傷が無いかを調べます。各種の知覚の検査に加えて、当科は高度なMRI手法を用いて口腔顔面の神経の構造や機能に関連した情報を診断に役立てています。これにより今までみることのできなかった末梢神経の異常が明らかになっています。
投薬や神経ブロックによる治療でペインコントロールが困難な場合は、京都大学再生医科学研究所と共同して“人工神経管を用いた神経再生術”の臨床応用を進めています。これは口や顔の神経では初めての試みです。最先端の診断から治療までを備えているのが当科の特徴です。

担当医表

2017年10月1日現在

 
新来 田中 裕※1

倉田行伸※2
吉川博之※2
小玉由記※2

瀬尾憲司※1 田中 裕※2
弦巻 立※2
金丸博子※2
再来

弦巻 立※2
倉田行伸※2
吉川博之※2
金丸博子※2
小玉由記※2

田中 裕

倉田行伸※2
吉川博之※2
小玉由記※2

瀬尾憲司

田中 裕※2
弦巻 立※2
金丸博子※2

新患受付は基本的には午前中ですが、ご都合つきにくい方は事前にご相談ください。

紹介状のある方は木曜外来受診をご利用ください。
※1:火曜、木曜の新患は担当医(火曜:田中、木曜:瀬尾)への紹介状持参者のみ。

※2交代制(不定期)

« 前のページに戻る