中央診療施設などのご紹介

【外来電話番号】025-227-0313

摂食嚥下機能回復部

摂食嚥下リハビリテーション部門では、脳卒中の後遺症、脳腫瘍や頭頸部腫瘍の術後、神経筋疾患をはじめとして種々の疾患が原因で「食べる・飲み込む」機能に障がいをもつ(摂食嚥下障害)患者さんを対象とした検査・リハビリテーションを行っています。摂食嚥下障害に対しては、近年の高齢者の増加とともに疾患の多様化した現代において、「食べる」ことを支援して生活の質を維持・回復しようという社会のニーズから注目が集まっています。平成11年に新潟大学医歯学総合病院において摂食嚥下障害に対するリハビリテーションがスタートし、平成18年1月には新設されたリハビリテーションセンターとともに、摂食嚥下リハビリテーション室が開設されました。患者数は年々増加し、平成18年当初の新患数150名から、平成28年には428名を超えました。摂食嚥下障害を担当する専門スタッフは歯科医師、言語聴覚士、歯科衛生士ですが、多くの患者さんをサポートする上での連携は欠かせません。リハビリテーションセンターの医師・療法士、病棟看護師などといっしょに評価や訓練を行うのは勿論のこと、患者さんを担当する主治医や栄養管理室などを交えた症例検討なども実施して多職種連携を図っています。

特色ある治療

嚥下機能検査として、嚥下造影検査といわれるエックス線ビデオ装置を用いた検査や嚥下内視鏡検査といわれるファイバースコープを用いた検査を行います。嚥下関連器官の形態異常、機能的異常、誤嚥、口腔残留、咽頭残留などを明らかにし、検査の結果をもって、1)治療的アプローチ 2)代償的アプローチ 3)環境改善的アプローチといった、それぞれの摂食嚥下障害に対応したアプローチ方法を見つけ、実際の訓練や食事指導を行っていきます。

  • 嚥下訓練

    嚥下訓練

  • 嚥下造影検査

    嚥下造影検査

  • 嚥下内視鏡検査

    嚥下内視鏡検査

WEBサイト

« 前のページに戻る