診療科のご紹介

【外来電話番号】025-227-2576

呼吸器外科

当院呼吸器外科の歴史は古く、昭和27年に肺癌に対する肺切除に成功しており、国内有数の臨床実績を有しています。肺癌に対しては、外科だけでなく内科・放射線科・病理部と協力して最先端の集学的治療により良好な成績を収めています。患者さんの状態や病気の進行度などが理由でほかの施設で手術が難しいと判断された患者さんに対しても関連各科と相談して適切な治療方法を提示しています。また、胸腔鏡による肺癌手術や、癌の根治性を保ちつつ切除範囲を少なくする縮小手術も積極的に行ない、手術や手術後の負担を軽減する治療の実績が豊富です。肺癌の遺伝子解析に基づく治療もおこなっています。

特色ある治療

胸腔鏡手術

小さな傷から胸腔鏡と手術器具を胸腔に入れて行う手術です。原発性肺癌をはじめほとんどの手術で従来の大きな傷から行ってきた手術と同じ内容の手術が可能となりました。胸腔鏡手術では傷が目立たないこと、手術後の痛みが軽いことなどのメリットがあります。原発性肺癌に対しては癌に対する治療効果(根治性)を損なわないようにステージI期の患者さんを対象としています。

また、傷の小さい胸腔鏡手術では手術中に場所の同定が困難な小型腫瘍に対しては、手術前に3D-CT、バーチャル内視鏡を用いて気管支鏡下に肺に染色するVirtual-assisted Lung Mappingを行い、より確実な胸腔鏡手術を目指しています。

取り扱っている主な疾患

  • 肺・気管支・縦隔の良性および悪性腫瘍(原発性肺癌、転移性肺癌など)
  • 気胸・膿胸・感染性肺疾患
  • 先天性呼吸器疾患
  • 胸部外傷

専門外来

肺移植に関するお問い合わせにも応じております(月曜)。

担当医表

2017年8月1日現在

 
担当医 土田正則   佐藤征二郎   小池輝元

スタッフ紹介

  • 教授/土田正則

    教授/土田正則

  • 講師/小池輝元

    講師/小池輝元

  • 助教/佐藤征二郎

    助教/佐藤征二郎

WEBサイト 外来案内図

« 前のページに戻る