診療科のご紹介

【外来電話番号】025-227-2534

腎・膠原病内科

腎・膠原病内科では、各種腎炎、酸塩基平衡・電解質異常、腎不全、高血圧、糖尿病、リウマチ・膠原病を中心に診療しています。近年は腎機能が低下した状態を慢性腎臓病(CKD)と総称しますが、腎不全の前段階というだけでなく、心筋梗塞や脳卒中の原因としても注意が必要です。糖尿病や高血圧は慢性腎臓病の重要な原因であり、当科では各専門医が連携して診療を行っています。また多彩な症状を呈するリウマチ・膠原病については、専門医が早期に診断し、適切な治療を行うことで良好な治療成績を上げています。

高齢化社会となり、様々な合併症を抱える患者さんが増加する傾向にあります。特に当科では腎・膠原病疾患に加えて他分野の全身疾患を伴う場合が多く、総合的な診療が必要となります。適切に対応できるよう各専門科と緊密に連携することを心がけています。
新潟県内の関連病院ともネットワークが構成されています。当科はその中心的施設として地域に密着した病診連携、病病連携の役割を果たすことが期待されています。病状に応じてご紹介をいただいておりますが、当科では初めての診察は新患外来で行われ、必要な診察・検査の後に病状に応じて各専門外来へ受診していただきます。全身を診る質の高い診療を目指しています。

特色ある治療

一般的な診療に加え、腎機能を長期間保持するための集学的治療(腎臓病治療、血圧管理、栄養指導を含む)や腹膜透析・血液透析による包括的な腎不全治療の導入、遺伝性腎疾患の診療、腎移植後の長期的な腎機能保持のための治療継続、糖尿病性腎症に対する集学的治療、関節リウマチに対する生物製剤による治療、各種膠原病の診断と治療など専門性の高い診療を行っています。

取り扱っている主な疾患

  • 慢性糸球体腎炎(IgA腎症、膜性腎症など)
  • ネフローゼ症候群(微小変化型、巣状糸球体硬化症など)
  • 酸塩基平衡、電解質異常
  • 高血圧(二次性も含む)
  • 糖尿病(腎症)
  • 慢性腎臓病(CKD)、慢性腎不全(血液透析・腹膜透析)
  • 急性腎障害
  • 多発性嚢胞腎
  • 関節リウマチ
  • 膠原病(全身性エリテマトーデス、強皮症など)
  • 血管炎

専門外来

  • 腎臓・高血圧(新患、1、2)
  • 糖尿病・腎臓
  • リウマチ・膠原病

担当医表

2017年8月1日現在

 
新患
(腎・高血圧)
成田 若杉・金子
(隔週)
成田・後藤
(隔週)
伊藤・川村
(隔週)
山本・蒲澤
(隔週)
再来 腎・高血圧1 金子 井口・大塚
(隔週)
丸山 蒲澤・細島
(隔週)
後藤
腎・高血圧2 山本 保坂 忰田 大塚
糖尿病・腎臓 鈴木 斎藤 細島
リウマチ・膠原病 佐藤 黒田 中野 中枝

午前 和田
午後 野澤・若松
   (隔週)

腹膜透析外来

丸山(4週に1回)
山本(隔週)

  川村・忰田
(隔週)
WEBサイト 外来案内図

« 前のページに戻る