中央診療施設などのご紹介

臨床工学部門

生命維持管理装置などの医療機器は、医療の高度化に伴い複雑化してきており、より専門性が求められています。そのため、これらの医療機器の操作及び管理を職務としているのが臨床工学部門です。
当院の臨床工学技士は、手術部、血液浄化療法部、放射線部、光学医療診療部、高次救命災害治療センター、病棟、外来、MEセンターなど院内の様々な部署において、これらの医療機器の操作・管理を行うことで、より安全な医療を患者様に提供できるよう務めています。また、日々研究にも励み、より良い医療へ貢献することを目標の一つとしております。

業務内容

①手術部業務
手術室は特に多くの医療機器が存在し、種類も多岐にわたります。これらの機器の操作・トラブル対応を行うことで、より安全性の高い手術が提供されるようサポートしています。
臨床工学技士が携わる手術の具体例として、腹腔鏡下・胸腔鏡下手術(消化器外科、婦人科、胸部外科、小児外科など)、硝子体・白内障手術(眼科)、ナビゲーションを用いた手術(整形外科など)、手術支援ロボットを用いた手術(泌尿器科など)、自己血回収装置を使用する手術(整形外科、胸部外科など)、レーザーを使用した手術(婦人科)などがあり、主に機器の操作・管理を行っています。また、心臓・大血管の手術における人工心肺装置の操作に関しては、新生児から後期高齢者まで幅広く対応しています。

kensa29

 

②血液浄化療法業務
血液浄化療法とは、様々な疾患によって、血液中の老廃物が除去できなくなった患者に対して人工的に除去することを目的とした治療であり、その方法は、血液透析療法や、血漿交換療法、血液吸着療法など多数存在します。ここでは、これら各種血液浄化療法で使用する機器の回路組み立てから、操作、患者管理まで行っています。また、血液浄化療法以外に腹水濾過濃縮や末梢血幹細胞採取などで使用する機器の操作も行っています。

kensa13

 

③心臓カテーテル検査・治療業務
心臓カテーテル検査・治療とは心筋梗塞や狭心症などの患者に対して、カテーテルという管を用いて、検査・治療を行うことであり、ここでは、ポリグラフという機器を操作し、心内圧測定や12誘導心電図の監視を行っています。また、血管内超音波(IVUS)、心筋血流量予備比(FFR)測定、光干渉断層法(OCT)など冠動脈形成術(PCI)で使用される様々なイメージングデバイスの操作も行っています。さらには、頻脈性不整脈の患者に対して行うカテーテルアブレーションにおける技術サポートも行っています。

kensa13

 

④植込み型心臓デバイス業務
植込み型心臓デバイスは、ペースメーカー、植込み型除細動器(ICD)、心臓再同期療法(CRT-D)などがあります。この業務における臨床工学技士の役割は、植込み術においてプログラマーを用いて、植込み型心臓デバイスの設定、心内電位の測定や刺激閾値、リード抵抗測定を行っています。さらに、植込み後のフォローアップとして外来や入院病棟などでも測定等を行っています。また、近年導入された植込み型心臓デバイスの遠隔モニタリングにも対応しています。

 kensa15

 

⑤高気圧酸素療法業務
高気圧酸素療法とは、通常よりも高い気圧下(2.0~2.8気圧)で高濃度酸素を吸入することで、病気の改善を目的とした治療です。当院は、救命救急科管理の下、急性一酸化炭素中毒などの急性期から骨髄炎などの慢性期まで幅広い疾患の治療を行っています。当院の高気圧酸素治療装置は、患者様一人が仰向けの状態で入れるカプセル状の装置(第一種装置)を使用しています。ここでは、患者の入室から治療中の患者監視、退室まで臨床工学技士が対応しています。

 kensa15

 

⑥光学医療診療業務
光学医療診療部では、主に消化器内科で行う内視鏡検査及び内視鏡治療(早期癌内視鏡的粘膜切除、大腸ポリープ切除術など)を行っています。ここでは、内視鏡スコープの保守管理、術中のトラブル対応、呼吸器内科領域の超音波内視鏡の準備などを行っています。

kensa15 kensa27

 

⑦医療機器保守管理業務
ここでは、人工呼吸器、輸液ポンプ・シリンジポンプなどの医療機器を中央管理し、保守点検を実施することで、常に安全な状態で使用できる体制を整えています。また、人工呼吸器においては、使用中における動作チェックを行い、医療事故の防止に努めています。さらに、除細動器や閉鎖式保育器など様々な医療機器の定期点検も行っています。

kensa15

 

 

« 前のページに戻る