腫瘍センター長あいさつ

 日本は高齢化社会を迎え、がん患者数が増加の一途をたどり、今後も増加が予想されています。このような状況の中、平成19年4月にがん対策基本法が施行されて、国および県においてはがん対策推進基本計画が策定され、がん診療の取り組みが拡充されてきました。
 このような中、新潟大学医歯学総合病院はがん診療連携拠点病院に指定され、新潟県におけるがん診療の拠点施設として、がんの診療だけでなく、教育および研究を推進してまいりました。
 ご存知のように、がん治療には、手術療法、放射線治療そしてがん薬物療法がありますが、これら治療を組み合わせることにより、がん治療成績は着実に進歩しております。また、早期からの緩和医療の導入の必要性が叫ばれています。新潟大学医歯学総合病院では幅広い領域の悪性腫瘍の治療ばかりではなく、先端医療・高度先進医療や難治性がんに対する治療も実践しております。
 新潟大学医歯学総合病院では、これまでの行ってきたがん診療を発展すべく、平成19年に腫瘍センターが設置されました。その後腫瘍センターを中心として、がん診療の医療水準向上を推進してきました。腫瘍センターは、外来でがん薬物療法を行う通院治療室、緩和医療を担当する緩和ケア室、がんに関するさまざまな相談窓口となっているがん相談支援センター、およびがん治療実態を集計しているがん登録室の4つの部門から構成され、それぞれががん治療成績の向上のため活動を続けております。
 このように、新潟大学医歯学総合病院腫瘍センターは院内のがん診療を統括し、がん患者やその家族に安全で質の高いがん医療を提供する努力を続けてまいります。また、大学病院として、がん診療向上のためにがん専門医療人の養成に貢献しています。今後も、がん医療水準の向上に向けて職員一同、積極的に取り組んで参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

腫瘍センター長
西條 康夫

スタッフ紹介

■センター長  西條 康夫
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医・指導医
日本がん治療認定医機構認定医・指導責任者
日本内科学会総合内科専門医
■副部長 渡部 聡
日本がん治療認定医機構認定医
日本内科学会総合内科専門医
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
■専任医師 4名
■専任薬剤師 3名
がん・緩和ケア関連領域の専門・認定看護師
■担当看護師

お知らせ

2018/11/1
副部長が増子正義先生から渡部聡先生に交代になりました。
2012/4/1
部長が黒崎功先生から腫瘍内科教授西條康夫先生に交代になりました。
2010/11/1
副部長が各務博先生から増子正義先生に交代になりました。
2009/11/18
新潟大学医歯学総合病院にて緩和ケア勉強会を行います。(各月最終週の木曜開催)

このページの先頭へ