がん登録室

がん登録について

新潟大学医歯学総合病院は地域がん診療連携拠点病院の指定を受けており、2007年より「院内がん登録」を開始しました。

「院内がん登録」では初めてがんの診断・治療を受けた全ての患者さんについて、がんの診断、治療、予後に関する情報を「がん診療連携拠点病院 院内がん登録標準登録様式」を基に登録を行っております。
登録した情報は、当施設におけるがん診療の実態を把握し、がん診療の質の向上とがん患者さんへの支援を目指すとともに、国立がん研究センターがん対策情報センターへ提出し、全国統計として活用されます。

また、2016年1月より全国がん登録制度が始まりました。
「全国がん登録」とは、日本でがんと診断されたすべての人のデータを、国で1つにまとめて集計・分析・管理する仕組みです。この制度では「がん登録等の推進に関する法律」に基づき、全国の医療機関はがんと診断された人のデータを都道府県知事に届け出ることが義務化されており、当院でも実施しています。

 院内がん登録では、がん診療を評価する指針として用いられる生存率の算定のために、登録させていただいたがん患者さんの生存確認調査を定期的に行い、必要な予後情報を収集します。そのため、院内において予後情報が把握できなかった場合は、市区町村に対し住民票照会による生存確認調査を実施しています。

がん登録により当院で集められたデータは、
 ・自施設がん診療の実態把握
 ・自施設各診療科へのデータ提供
 ・がん医療の調査研究を行う者への情報提供
 ・国立がん研究センターへの登録情報、生存確認情報の提供
に利用されます。

また、国立がん研究センターがん対策情報センターへ提出されたデータはがん対策の立案や評価に活用されます。詳しくは【国立がん研究センターがん情報サービス がん登録・統計】をご参照ください。

個人情報の取り扱いについて

がん登録の情報については、その必要性から個人情報保護法の適応除外の事例に該当するとされており、患者さん本人の同意を得ずに登録が行われていますが、登録されている情報は患者さんの個人情報も含まれておりますので、国で定められた「個人情報保護法」および「国立大学法人新潟大学規則」を遵守し、情報を取り扱っております。

以上のことについてご同意いただけない場合は、その旨をがん登録室へお申し出下さい。お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。

また、届け出と情報の保管は、部外者が利用できない病院専用のシステムを使用しており、情報の外部漏洩がないよう細心の注意を払っておりますので、何卒ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

スタッフ紹介

室長

安達聡介(産科婦人科医師)

登録員

がん登録実務中級者 1名
がん登録実務初級者 3名

院内がん登録の実績

ご相談窓口みなさまに安心して治療を受けていただくために患者さん・ご家族からのご相談を受け付けています。
お気軽にご相談ください。

025-227-0891
がん相談支援センター
受付時間/10:00~16:00(⼟⽇祝除く)