TOP > 医師臨床研修 > 卒後臨床研修 > 研修プログラム > 医療行為の基準

新潟大学臨床研修病院群における研修医の行う医療行為の基準

 新潟大学臨床研修病院群で卒後臨床研修を行う研修医は、研修プログラムの研修目標を常に念頭において、指導医・上級医の指導のもとで研修を行うのが基本であるが、安全管理体制の観点から、研修の進捗状況により指導医が認めた場合に単独で(指導医・上級医の同席なしに)行いうる医療行為と、原則として指導医・上級医の同席のもとで行うべき医療行為の基準を示す。個々の研修にあたっては、研修の時期や研修医の技量はもちろんのこと、各診療科における実情や特殊性を踏まえて柔軟に対応する必要がある。
 単独で行いうる医療行為であっても、研修当初は指導医・上級医の指導のもとで施行すべきであり、指導医が研修医の技量を判断して許可を出す(本研修プログラムでは指導医評価表で「達成」と判断する)。また、内容によっては誤診に繋がる恐れがあるため、検査結果の解釈・判断は指導医・上級医と協議する必要がある。さらに、研修医はたとえ許可された単独で行いうる医療行為であっても、施行に困難を感じた場合は無理をせずに指導医・上級医の援助を求める必要がある。
 なお、研修の進捗による研修医の技量によって指導医が認めた場合は、必ずしもこの限りではない。
 また、ここに示す基準は通常の診療における基準であって、緊急時はこの限りではない。

大項目
小項目
研修医が単独で行いうる医療行為
(指導医が認めた場合)
原則として指導医・上級医の同席のもとで行うべき医療行為
T.診察  
  1. 全身の視診、打診、触診
  2. 簡単な器具(聴診器、打腱器、血圧計など)を用いる全身の診察
  3. 耳鏡、鼻鏡、検眼鏡による診察
  4. 直腸診(産婦人科を除く)
  1. 内診
  2. 直腸診(産婦人科)
  3. 膣鏡診
U.検査 1.生理学的検査
  1. 心電図(12誘導)
  2. 聴力、平衡、味覚、嗅覚、知覚
  3. 視野、視力、色覚、眼圧
  4. 簡易呼吸機能(肺活量など)
  5. 脳波記録
  6. パルスオキシメーター
  7. 呼気終末期二酸化炭素濃度
  1. 負荷心電図
  2. 精密呼吸機能
  3. 脳波判読
  4. 筋電図
  5. 神経伝達速度
2.検体検査
  1. 血液型判定・交差適合試験
  2. 一般尿検査
  3. 便検査
  4. 血算・白血球分画
  5. 出血時間測定
  6. 簡易生化学検査
  7. 動脈血ガス分析
3.内視鏡検査
  1. 各種内視鏡検査
4.画像検査
  1. 超音波検査(体表から施行するもの)
  1. 超音波検査(左記以外のもの)
  2. 単純X線撮影
  3. 各種造影X線検査
  4. X線CT撮影
  5. MRI撮影
  6. 核医学検査
5.血管穿刺と採血
  1. 末梢静脈穿刺と静脈ライン留置
    ・血管穿刺の際に神経を損傷した事例もあるので、確実に血管を穿刺する必要がある
    ・とくに小児の場合、指導医の許可を得るまで行ってはならない
    ・困難を感じた場合は無理をせず指導医・上級医に任せる
  2. 動脈穿刺(右記以外のもの)
    ・肘窩部では上腕動脈は正中神経に併走しており、神経損傷には十分に注意する
    ・困難を感じた場合は無理をせず指導医・上級医に任せる
  1. 中心静脈穿刺(鎖骨下静脈、内頚静脈、大腿静脈)
  2. 動脈ライン留置
  3. 出血傾向のある患者の動脈穿刺
  4. 小児の動脈穿刺
6.穿刺
  1. 皮下の嚢胞の穿刺
  2. 皮下の膿瘍の穿刺
  1. 深部の嚢胞の穿刺
  2. 深部の膿瘍の穿刺
  3. 関節腔の穿刺
  4. 胸腔穿刺
  5. 腹腔穿刺
  6. 膀胱穿刺
  7. ダグラス窩穿刺
  8. 腰部硬膜外穿刺
  9. 腰部くも膜下穿刺
  10. 骨髄穿刺
  11. 針生検
7.産婦人科  
  1. 産婦人科的検査
8.その他
  1. アレルギー検査(貼布、皮内)
  2. 簡易知能検査
     長谷川式簡易知能検査
     MMSE、など
  1. アレルギー検査の判定
  2. 発達テストの解釈
  3. 知能テストの解釈
  4. 心理テストの解釈
V.治療 1.処置
  1. 皮膚消毒
  2. ガーゼ・包帯交換
  3. 軽度の外傷・熱傷の処置
  4. 外用薬塗布
  5. 気道内吸引
  6. ネブライザー
  7. 導尿・バルーンカテーテル挿入(新生児・乳幼児以外)
    ・前立腺肥大などのためにカテーテルの挿入が困難と感じた場合は無理をせずに指導医・上級医に任せる
  8. 浣腸(新生児以外)
    ・困難を感じた場合は無理をせず指導医・上級医に任せる
  9. 胃管挿入
    ・困難を感じた場合は無理をせず指導医・上級医に任せる
  10. 気管カニューレ交換(長期にわたり気管切開が行われている場合)
    ・単独で行ってよいのはとくに習熟している場合である
    ・技量にわずかでも不安のある場合は指導医・上級医の同席が必要である
  11. 気道確保
  12. 用手的人工換気
  13. 心マッサージ
  1. ギプス巻き
  2. ギプスカット
  3. 導尿(新生児・乳幼児)
  4. 浣腸(新生児)
  5. EDチューブ挿入
  6. イレウス管挿入
  7. 胃瘻チューブの交換
  8. 気管カニューレ交換(気管切開後早期の場合)
  9. ラリンゲアルマスク挿入
  10. 気管挿管
  11. 人工呼吸器の設定
  12. 除細動
  13. 産婦人科的処置
2.注射
  1. 皮内注射
  2. 皮下注射
  3. 筋肉注射
    ・とくに小児の場合、指導医の許可を得るまで行ってはならない
  4. 末梢静脈注射
    ・抗悪性腫瘍薬の場合は指導医・上級医と十分に確認をした上で行う
  5. 中心静脈注射(ラインが留置してある場合)
  6. 輸血
    ・チェックは複数で行う
    ・輸血によるアレルギー歴が疑われる場合には無理をせずに指導医・上級医に任せる
  1. 動脈注射
    ・目的が採血でなく薬物注入の場合は単独で動脈穿刺をしてはならない
  2. 関節内注射
3.麻酔
  1. 局所浸潤麻酔
    ・局所麻酔薬によるアレルギーの既往を必ず問診する
  1. 脊髄くも膜下麻酔
  2. 硬膜外麻酔
  3. 静脈麻酔
  4. 吸入麻酔
4.外科的処置
  1. 手術野の消毒
  2. 皮膚の縫合
  3. 術後創部の処置
  4. 抜糸
  5. 皮下の止血
  6. 皮下膿瘍の切開・排膿
  1. ドレーン抜去
  2. 深部の縫合
  3. 深部の止血
  4. 深部膿瘍の切開・排膿
  5. 手術
5.処方 ・いずれも処方前に内容を指導医・上級医と協議してあること
・ただし、2年目の宿日直の場合にはその限りではない
  1. 一般の内服薬(右記以外のもの)
  2. 一般の注射薬(右記以外のもの)
  3. 輸血
  4. 酸素療法
  5. 食事療法(経腸栄養法を含む)
  6. 理学療法
  1. 内服薬(向精神薬)
  2. 内服薬(麻薬)
  3. 内服薬(抗悪性腫瘍薬)
  4. 注射薬(向精神薬)
  5. 注射薬(麻薬)
  6. 注射薬(抗悪性腫瘍薬)
W.その他  
  1. 療養指導
  2. インスリン自己注射指導
    インスリンの種類、投与量、投与時刻はあらかじめ指導医・上級医と協議してあること
  3. 血糖自己測定指導


※研修の進捗により、症状説明、同意の取得、診断書・証明書の作成の一部は可能
  1. 病状説明
    ・ベッドサイドでの病状に対する簡単な質問に答えるのは差し支えない
  2. 侵襲的検査・手術・麻酔についての同意の取得
  3. 診断書・証明書作成
    ・指導医・上級医のチェックを受ける前に発行してはならない
  4. 病理解剖
  5. 病理診断報告
(令和元年7月26日改訂)