TOP > 歯科医師臨床研修 > 卒後臨床研修 > ごあいさつ

ごあいさつ

 


「実践型研修によるリサーチマインドを備えた
『信頼される歯科医師』の育成」


新潟大学医歯学総合病院
総括副病院長(歯科担当)
小林 正治
小林 正治

「新潟大学医歯学総合病院での歯科
医師臨床研修を検討中のみなさんへ」


新潟大学医歯学総合病院
歯科総合診療部 教授
藤井 規孝
藤井 規孝

  新潟大学医歯学総合病院歯科総括副病院長の小林です。本院での研修を考えている歯科医師の皆さんに,最高の研修の場であると自信をもってご紹介します。

 新潟大学医歯学総合病院歯科は,昭和42年に前身の新潟大学歯学部附属病院として開院され,以来50年を経て非常に多くの優秀な歯科医師が巣立っていきました。ご存知の通り本院は日本海側唯一の国立大学歯学部附属病院として,地域の歯科医院や診療所と連携を図りつつ専門的な医療を提供するのみならず,地域歯科医療においてリーダーシップを担うことのできる人材育成を念頭において教育,臨床,研究を続けてまいりました。平成15年には医学部附属病院と統合し,医歯学総合病院歯科として医科との連携のもと全人的医療や臨床教育を実践する場として,地域の中で益々重要な役割を担っています。

 さて,このように伝統と歴史があり,かつ新しい建物が完成した病院において,私たちが研修歯科医の皆さんに提供するプログラムは,「グローバルな視点やリサーチマインドを備えた信頼される歯科医師の育成」を理念としたものであり,「診療参加・実践型」で行われることを最大の特徴とします。すなわち,一般歯科医(プライマリーケア歯科医)に求められる基盤的な臨床能力(態度,技能および知識)に対して,患者様や指導医と十分なコミュニケーションをとりながら,全人的に一口腔単位として診断し,治療方針を立案して実践するという,患者様への診療を通じて自ら体験・実践しながら身につけていただこうとするものです。「信頼される」という言葉には多くの含みがありますが,プロフェッショナルとして,患者様はもちろん指導医,同僚,パラデンタルスタッフなど誰からも信頼されるためには,いかに行動すべきか,これを医療人として常に考え,また目標として頂きたいとの願いが込められています。日進月歩の医療界で常に「信頼される」歯科医師であるためには,自ら考え生涯学び続ける姿勢が必要不可欠であることは言うまでもありません。この資質を育む意味でも「診療参加・実践型」の研修は最適と考えています。最初は戸惑うこともあるかもしれませんが,歯科総合診療部を中心とする充実した専任の指導歯科医陣が,これらの研修を支援します。皆さんの向上心や高い志に必ずやお応えできる,充実した歯科医師臨床研修であると自負しております。

 さらには,これらの研修の修了者を対象として,より高度あるいは専門的なレジデントとしての研修プログラムも用意しています。ここでは,本院での充実した専門診療を基盤に,地域医療の担い手として活躍したい方々のための高度なプライマリーケア研修,あるいは専門医を目指す方々のための専門的歯科医療に関する研修や学際的な研修など多彩な教育メニューを提供し,国内外でリーダーシップを担う高度専門医療人を養成します。

 皆さんが思い描いている理想の歯科医師として一生「信頼され」,リサーチマインドを持って診療にあたるためには,歯科医師としての最初の数年間であるこれからの研修歯科医の期間が非常に大切であることは間違いありません。プロフェッショナルへの第一歩としての歯科医師臨床研修が実りの多いものとなりますように,私たちは惜しみなく支援します。意欲ある皆さんをお待ちしています。

  すでにご存じの通り、歯科医師臨床研修制度は平成18年度より必修化されました。これに伴い、各歯学部関連大学をはじめとする管理型施設では協力型施設、協力施設と呼ばれる他施設の協力を得て魅力的で充実した研修プログラムを提供する努力を続けています。

 新潟大学医歯学総合病院においても本院の理念に掲げる全人的医療の実践を目指し、一人でも多くの優れた歯科医師を育成するために毎年、研修プログラムの見直しや改良を行っております。その結果がこのHPに提示されているプログラムです。本院における歯科医師臨床研修の最大の特徴は「診療参加・実践型」で行われることにあります。研修歯科医のみなさんは歯科医師免許を取得しており、すでに歯科医師としての資格を持っておられます。ここに至るまでにどれだけ頭を働かせてきたかに大きく左右されることは言うまでもありませんが、実際に自分の手で治療を行うことによって得られる経験は何ものにも換えられません。詳細はHP上でご覧頂くことができますが、以下、本院の歯科医師臨床研修プログラムについて簡単にご説明申し上げます。

 本院の歯科医師臨床研修プログラムには単独型と複合型があります。単独型プログラムは歯科総合診療部において年間を通して診療参加・実践型の研修を行うことを最大の特徴としています。このプログラムで研修を行う場合、研修歯科医は指導歯科医の下で担当医として治療計画を立案し、それに沿って実際に治療を行います。指導歯科医を担当する歯科総合診療部の教員はさまざまな場面で研修歯科医をサポート致します。一方、複合型プログラムには約半年の専門診療室および学外協力型施設での研修が含まれます。専門診療室においては大学病院ならではの専門性の高い治療を経験することができるだけではなく、それぞれの診療室の一員となって様々な行事に参加することもできます。また、本院の協力型施設には非常に熱心な指導歯科医の先生方がたくさんおられ、研修歯科医の先生方にそれぞれの施設において特徴のある大変充実したプログラムを提供して下さっています。さらに、すべてのプログラムに共通する研修内容として病棟研修、顎関節研修、口腔ケア研修が組み込まれており、新潟県と新潟市のご協力の下、希望すれば保健所での研修も体験することができるようになっています。結果として、いずれのプログラムを選択しても常に口腔内全体さらには患者様の全身状態を念頭において歯科治療に望む姿勢を身につけることができるようになります。

 現在のところ、歯科医師の臨床研修期間は1年間と定められておりますが、この1年間に何を経験するかによって研修修了後に大きな違いが生じます。言い換えれば、研修歯科医の先生方自身がどのような姿勢で研修に取り組むかによって1年後の視野の開け方がまったく異なってきます。決して長いとは言えない研修期間ですが、本院で研修を行った場合、意欲次第でその成果を何倍にもすることができる環境が整っていると信じます。私達と共に、環日本海側あるいは地域医療の中核を担うべくがんばってくれるみなさんの応募を心待ちにしております。

>> 新潟大学医歯学総合病院へ
>> 新潟大学歯学部へ