診療科のご紹介

【外来電話番号】025-227-2646

麻酔科

麻酔科

「手術患者 術前外来」は、周術期(手術前・手術中・手術後)の全身管理を安全に行うための外来です。術前の状態を把握し、必要に応じて検査を行い、周術期の麻酔管理計画をたてます。麻酔の方法や必要となる処置の概略について説明し、手術を受けられる皆様からの麻酔に関する質問にも、お答えしています。

「ペインクリニック外来」は、腰痛・肩コリ等から原因不明の難治性の痛みまで、様々な痛みを伴う疾患を扱っています。神経ブロック治療(星状神経節ブロック、硬膜外ブロックなど)を中心に、神経刺激治療、薬物治療、理学療法、東洋医学(漢方)等を組み合わせることにより、疼痛の軽減、緩和をはかり、日常生活における機能の回復を目指します。また、手掌・腋窩多汗症や顔面神経麻痺等の痛み以外の疾患の治療も行っています。

特色ある治療

  1. 神経ブロック療法によって、末梢循環を改善するとともに痛みの神経伝達を制御し、神経機能の回復と痛みの除去を行います。三叉神経痛等、疾患によっては長期神経遮断薬(アルコール等)や高周波熱凝固法によって半永久的な神経ブロックを行います。
  2. 上肢・下肢の血行障害に対して交感神経ブロックを行い、末梢循環を長期にわたって改善します。
  3. 他の治療が効かない難治性疼痛に対して、脊髄電気刺激療法によって生体内の痛みの抑制機構を賦活し、除痛と機能回復をはかります。
  4. がんの痛みに対して、神経破壊薬(アルコール等)を用いた神経ブロックを行い、疼痛を緩和します。
  5. 手掌・腋窩・顔面多汗症に対して胸腔鏡下交感神経遮断術を行います。
  6. 手術適応でない難治性腰下肢痛(椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症等)に対して、内視鏡的硬膜外腔癒着剥離・洗浄術(エピデュロスコピー)を行います。
  7. その他、ドラッグチャレンジテスト(薬物学的疼痛機序判別試験)、末梢神経検査装置、サーモグラフィー等により、痛みの原因や病態を詳しく検査し、治療に役立てます。

取り扱っている主な疾患

  • 帯状疱疹後神経痛
  • 難治性腰背部痛
  • 特発性三叉神経痛
  • 神経障害性疼痛
  • 癌性疼痛
  • 特発性多汗症

担当医表

2017年8月1日現在

 
手術患者術前診察 平石舞 種岡美紀 倉部美起 今尾由梨子 高松美砂子
ペインクリニック新来 馬場 洋
清水大喜
田中萌生
渡部達範
  馬場 洋
清水大喜
田中萌生
  馬場 洋
清水大喜
田中萌生
ペインクリニック再来 馬場 洋
清水大喜
田中萌生
渡部達範
  馬場 洋
清水大喜
田中萌生
  馬場 洋
清水大喜
田中萌生

スタッフ紹介

    • 教授/馬場洋

      教授/馬場 洋

 

WEBサイト 外来案内図

« 前のページに戻る