診療科のご紹介

【外来電話番号】025-227-2576

心臓血管外科

当科は、新生児から高齢者まであらゆる年代を対象として、心臓・血管の病気に対し、主に手術を行って治療をしています。心臓・血管の手術というと、“大変”“難しい”“危険性が高い”などというようにお考えではないでしょうか。当科では、経験豊富なスタッフが、安全に、最先端の心臓血管手術を提供しています。また、外来においても、術前はもちろん、術後も患者さんの納得がいくよう、十分な説明を心掛けております。お気軽にご相談下さい。

特色ある治療

小児心臓外科では、新生児期に開心術を必要とする完全大血管転位、総肺静脈還流異常、大動脈縮窄・離断、左心低形成症候群等の複雑心疾患から、心房・心室中隔欠損症など比較的軽症の疾患まで、小児科・麻酔科・放射線科等と合同で小児心臓治療の拠点として県内外からの数多くの症例の治療に当たっています。成人心臓外科では、弁膜症に対する弁形成術・弁置換術、虚血性心疾患に対するバイパス手術(積極的に低侵襲な人工心肺を使用しない手術を行っています)、不整脈に対する手術、また重症心不全への補助循環など多くの経験を有し、手術・循環管理に精通しています。血管外科では、大動脈解離、大動脈瘤、血栓症や重症肺塞栓など、動脈から静脈に至るまで、多くの症例に対して手術を行っています。特に低侵襲なステントグラフトによる大動脈瘤手術を積極的に行っています。

取り扱っている主な疾患

先天性心疾患

心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、心内膜症欠損症、ファロー四徴症、両大血管右室起始症、完全大血管転位症、総肺静脈還流異常症、大動脈縮窄・離断症、左心低形成症候群、他

成人心臓疾患

狭心症、心臓弁膜症、他

成人血管疾患

大動脈瘤(胸部、胸腹部、腹部)、末梢動脈瘤、慢性動脈閉塞、下肢脈瘤、深部静脈血栓症、他

担当医表

2017年8月1日現在

 
心臓血管外科第1診察室 岡本竹司
(成人心臓・血管疾患)

名村または青木、岡本

※(成人心臓・血管疾患)

高橋 昌
(先天性心疾患)
  名村 理
(成人心臓・血管疾患)
心臓血管外科第2診察室 榛澤和彦
(成人血管疾患)
  白石修一
(先天性心疾患)
青木賢治

(成人心臓・血管疾患)

※火曜日の心臓血管外科第1診察室は、他の医療機関から事前にFAX予約された方のみの診療になります。

スタッフ紹介

  • 名村理

    准教授/名村 理

  • 青木賢治

    講師/青木賢治

  • 白石修一

    病院講師/白石修一

WEBサイト 外来案内図

« 前のページに戻る