診療科のご紹介

【外来電話番号】025-227-2534

腫瘍内科

腫瘍内科はがん薬物療法(化学療法)を行う診療科です。臓器横断的に5大がん(肺がん、乳がん、胃がん、肝がん、大腸がん)を中心に、様々ながんに対するがん薬物療法を行います。基本的に外来(通院治療室)で治療を行いますが、入院治療が必要な方は入院のうえ治療を行います。
またがん薬物療法にとどまらず、他診療科と協力してがん患者さんを包括的に診療しています。特に進行期の方が多いので、院内の緩和ケアチームと連携して患者さんの苦痛を和らげるよう診療しています。
がん治療においては毎年のように新薬が開発され、がん薬物療法の治療内容はどんどん変わっていきます。一方で、これら分子標的薬など新規薬剤により、今までに経験しなかったような副作用が出現してくるようになりました。私たちは最新のがん薬物療法を提供すると共に、適切に副作用をコントロールし、がん診療の向上に努めています。

特色ある治療

      • 経験豊富ながん薬物療法専門医が治療を担当し、分子標的薬など最新のがん薬物療法を行っています。
      • 他診療科や緩和ケアチームと連携して、包括的にがん診療を行っています。

取り扱っている主な疾患

      • 消化器がん(食道がん、胃がん、大腸がん、肝がん、膵がん、胆道がん)のがん薬物療法
      • 呼吸器がん(肺がん、縦隔腫瘍)のがん薬物療法
      • 甲状腺がんのがん薬物療法
      • 乳がんのがん薬物療法
      • 原発不明がん・その他のがんのがん薬物療法

担当医表

2017年10月1日現在

 
新患   西條・森山   西條  
再来 西條   松本・森山   松本・周

スタッフ紹介

      • 西條 康夫

        西條 康夫

外来案内図

« 前のページに戻る