診療室のご紹介

【歯科外来電話番号】025-227-2951/025-227-2952/025-227-2957/025-227-2960
電話での診療予約の変更等について

顎顔面口腔外科

当科では、抜歯に代表される顎顔面口腔領域の外科的処置を担当しています。具体的には、親知らずの抜歯から唇顎口蓋裂をはじめとする先天性疾患、口腔癌などの口腔腫瘍、顎関節疾患、顎変形症など、顎顔面領域の多数の疾患について、正確な診断の上に立ち、適切な処置を施行できるよう、日々の臨床業務にあたっています。

特色ある治療

当科では通常の抜歯のみならず、医科系・歯科系臨床各科と協力しながら唇顎口蓋裂、口腔腫瘍、顎関節疾患、顎変形症、有病者歯科治療に力を入れています。唇顎口蓋裂は当科がもっとも力を入れてきた領域で、歯科全体のチーム医療として治療体系を確立してきました。口腔腫瘍では、口腔病理学・歯科放射線科による正確な診断のもと、外科治療を中心として高い水準の治療を行っています。顎関節疾患についても、歯科系各科と共に顎関節治療部の一員として顎関節疾患の診断、治療を行っており、当科では顎関節疾患全体の外科的対応を担当して、手術や関節腔への針による穿刺療法による専門性の高い治療も行っております。顎変形症に対しては、矯正歯科診療室と協力して一貫性のある治療を心掛けて実践しています。加えて、最近、増加傾向にある有病者、高齢者の専門的な歯科治療を医科歯科連携、病診連携といった医療連連携システムを活用して行っています。新潟大学医歯学総合病院輸血・再生医療部門およびインプラント治療部と協力して、組織工学的手法による積極的な骨再生後によって他施設では不可能なインプラント治療を実施している点も特徴です。

取り扱っている主な疾患

  • 顎顔面口腔領域の先天異常(口唇裂・口蓋裂、など)
  • 顎顔面口腔領域の腫瘍(悪性腫瘍、良性腫瘍、腫瘍類似疾患、など)
  • 顎関節疾患(顎関節症、顎関節脱臼、など)
  • 顎変形症(下顎前突症、など)
  • インプラント前処置および多様な顎骨欠損による口腔機能障害
  • 歯およびその周囲の疾患(水平埋伏智歯(親知らず)、など)
  • 顎顔面口腔領域の炎症(智歯(親知らず)周囲炎、顎骨炎、など)
  • 顎顔面口腔領域の嚢胞(歯根嚢胞、粘液嚢胞、含歯性嚢胞、など)
  • 顎顔面口腔領域の外傷(上・下顎骨骨折、口唇裂傷、など)
  • 唾液腺疾患(唾石症、唾液腺炎、など)
  • 口腔粘膜疾患(口腔扁平苔せん、口腔カンジダ症、など)
  • 顎顔面口腔領域に症状のみられる血液関連疾患(白血病、血友病、HIV感染症、など)
  • 顎顔面口腔領域の神経疾患(顔面神経麻痺、三叉神経痛、など)
  • 一般歯科診療および口腔ケア(周術期患者、有病者、高齢者、など)

専門外来

担当医表

2017年8月1日現在

外来名
新患 紹介状あり
紹介状なし 偶数週
再診 予約制(急患は対応いたします)
新患担当者 外来に掲示します
口腔外科疾患全般 全医局員で対応します
特色ある診療

*右の診療研究班が
 主体となり対応します
口蓋裂・変形症 児玉泰光・大湊麗・永井孝宏・渡部桃子・深井真澄・結城龍太郎、山田茜
腫瘍・再生 永田昌毅・小玉直樹・勝見祐二・新垣元基・隅田賢正・木口哲郎、伊藤元貴
顎関節・外傷 池田順行・大貫尚志・齋藤太郎・上野山敦士・北村厚・中谷暢佑
有病者・感染対策 小山貴寛・黒川亮・西川敦・山田瑛子・原夕子・清水志保

診療室長からのメッセージ

  • 齊藤 力

    教授/高木 律男

私どもの顎顔面口腔外科学分野(旧:口腔外科学第二講座)は昭和48年12月に開設され、前任の大橋 靖新潟大学名誉教授が初代教授に就任いたしました。平成10年3月にて大橋先生が定年退官され、同年12月より高木が引き継がせていただいております。平成13年には大学院大学となり、講座名は新潟大学歯学部口腔外科学第二講座から、新潟大学大学院医歯学総合研究科健康科学講座顎顔面口腔外科学分野となりました。それに伴い、診療科名も第二口腔外科から、口腔外科・顎顔面口腔外科となっています。名称は変わりましたが、歯学部学生、大学院生教育はもとより、医歯学総合病院の口腔外科医師として、また歯学研究者として、開設当初より40年以上にわたり、口腔外科学の全般に亘って切磋琢磨しております。

WEBサイト 外来案内図

« 前のページに戻る