<

中央診療施設などのご紹介

臨床研究品質管理部門(プロトコールデータセンター)

医療における知識や技術は日々進歩しています。優れた診断法、治療法、その他の医療技術を安全に提供するためには、確証的な科学的根拠が必要となりますが、それらを得るために欠かせないのが臨床試験です。臨床試験を着実に進めるための重要な要素は、(1)緻密な計画の立案、(2)データの収集・管理、(3)適切な手法によるデータの解析・評価、(4)試験全体の質の管理、の4つに集約されます。これらの業務を研究者がすべてを行うことは困難であり、専門の支援組織の設立が求められています。新潟大学医歯学総合病院の臨床研究推進センター臨床研究品質管理部門は、臨床試験におけるこうした膨大な業務を研究者とともに円滑に進め、確証的な結果を迅速に得ることを目的としております。

 

当センターは2017年4月1日より臨床研究推進センターに統合されました。
臨床研究推進センターホームページはこちら

 

特色ある治療

臨床研究品質管理部門では、患者さんへの診療は行っていません。

 

« 前のページに戻る