中央診療施設などのご紹介

放射線部門

放射線部では、診断や治療に必要な画像情報の提供や、放射線治療等の業務を行なっています。主にX線写真、CT、MRI、血管撮影、核医学検査等による画像診断や、血管内治療、高精度な放射線治療が行われております。

 

 kensa1

X線検査部門

・一般撮影
X線を用いて写真を撮影します。胸部、腹部、全身の骨、関節の撮影を行っています。

・ポータブルX線撮影
移動が困難な患者様に対しポータブルX線装置を用いて病棟や外来まで出張して撮影することができます。

・骨塩定量装置DEXA
腰椎、股関節、橈骨等に2種類のエネルギーのX線を照射し、骨による吸収の差を利用し骨密度を測定します。

・マンモグラフィー
乳房用のX線撮影装置で、乳房を圧迫しながら多方向から撮影します。非常に細かい影を観察することが可能です。

・X線TV装置
X線透視装置を用いることで消化器系、泌尿器系、婦人科系等の様々な部位の造影検査や治療が行われています。

・歯科撮影
口の中に小さなフィルムを入れて歯の写真を撮る行うデンタル撮影や、顔の周りを機械が回りながら上顎、下顎の断層撮影をするパノラマ撮影等が行われています。

 

CT部門

kensa2

 

CT(コンピューター断層撮影)はX線を用いて人体の断面像を得る検査法です。X線管球とその対向に設置された検出器を一緒に回転させ投影データを収集し、生体各部のX線吸収に応じた分布をコンピューターにより断面像として再構成します。短時間に広範囲を細かいスライスで撮影することが可能です。血管や病変部を鮮明に写すためにヨード造影剤を用い検査を行うこともあります。頭部から骨盤部、四肢関節など全身の検査が行われています。

 

MRI部門

kensa3

 

MRI(核磁気共鳴画像)は強い磁場とラジオ波を利用して人体の断面像を得る検査法です。体内の水分子中の水素原子を共鳴させ、発生する信号を体外のコイルにより検出しコンピューターにより画像化します。放射線被ばくがなく、骨の影響を受けず、軟部組織の描出が得意であり、造影剤を使用せず血管の描出が可能、条件設定により様々なコントラストを得ることが可能等といった特長があります。様々な部位の検査が行われていますが、特に脳、脊髄、肝胆膵、乳房、骨盤部、四肢関節、血管系の描出を得意としています。

 

血管造影部門

kensa4

 

血管撮影部門ではX線透視装置を用いて検査が行われております。カテーテルと呼ばれる非常に細い管を用いて目的の血管に造影剤を選択的に流すことにより詳細に観察することができます。さらに検査のみにとどまらず、狭窄、閉塞した血管をバルーンやステントによって拡げる血管拡張術、不整脈の治療を目的とした高周波焼灼術、コイルを用いた脳動脈瘤の塞栓術、外傷による出血に対するコイルや塞栓物質を用いた止血術、肝細胞癌に対する化学塞栓療法等のIVR(血管内治療)も行われています。撮影室内に併設されたIVR-CTを用いることにより、血管の3D像や多断面像を作成し、より正確な手技のために役立っています。

 

放射線治療部門

kensa5

 

診断装置で使用しているエネルギーよりもはるかに高いエネルギーのX線を使って、体内の腫瘍を手術せずに治療を行います。一般的に、手術療法と化学療法と並び、悪性腫瘍治療の3本柱の1つとされています。当院には高精度放射線治療装置が設置され、強度変調放射線治療も可能となりました。その他にも、放射線治療病室を備え、甲状腺癌のヨード内服治療や前立腺癌に対する小線源刺入など県内ではあまり行われていない治療も行っています。

 

核医学部門

kensa6

 

核医学とは放射線同位元素(ラジオアイソトープ)を薬剤に標識し体内へ注入し、体外に特殊なカメラを置き撮影する検査です。アイソトープを標識した薬剤は特定の臓器や組織に取り込まれ、ガンマカメラで撮影することによってその分布の様子を観察することができます。例えば、脳の血流、骨の腫瘍や炎症、心筋の評価など体の機能を反映した画像が得られます。そして2015年7月には、感度、分解能、定量性に優れ、腫瘍などの診断に有用なPET(陽電子放射断層撮影)の稼働が予定されております。

« 前のページに戻る