中央診療施設などのご紹介

不整脈センター

心臓は全身に血液を循環させるポンプの働きを担っています。規則正しく協調して血液を送り出すために、心臓は電気信号を利用して収縮を繰り返しています。この電気信号の生成や刺激伝導に異常をきたすことにより不整脈がおこります。不整脈は、生活に影響を及ぼし、重症の場合は生命にも関わるため、専門的な研究と診療が行われています。そのようにして近年、不整脈治療の進歩は加速しています。

不整脈センターは、高度な不整脈診療を推進する目的で設立されました。循環器内科、心臓血管外科、小児科と連携し、高度先進医療技術を駆使した不整脈の診断および治療を患者さんに提供するとともに、さらに不整脈診療を発展させ、不整脈診療を担う医師およびスタッフの育成を行うことにも努めています。

特色ある治療

不整脈には、心拍が乱れる病態(期外収縮)、心拍が速くなる病態(頻拍性不整脈)と心拍が遅くなる病態(徐脈性不整脈)があります。また、心臓の刺激伝導の障害により協調した心収縮ができなくなり心臓機能が低下する病態(心不全)があります。不整脈センターでは各科と連携しこれらの不整脈の病態に対して、専門的な不整脈診断の上、従来からの薬物治療とともに様々な手術的治療を行っています。

不整脈の手術的治療は大きく2つの方法があります。ひとつは不整脈の原因となっている異常な興奮部位や伝導部位を、カテーテルで高周波通電し焼灼するアブレーション治療です。アブレーション治療は、WPW症候群、発作性上室性頻拍、心房粗動、心房細動、心室頻拍などの頻拍性不整脈が主な対象となります。

もうひとつは不整脈デバイス治療で、ペースメーカー治療、植え込み型除細動器治療、心臓再同期治療があります。徐脈性不整脈に対しては、ペースメーカー植え込み手術が行われます。ペースメーカーは心拍を常時監視し、心拍数が低下しないように心筋を電気刺激します。突然死の危険性が高い重症の不整脈に対しては、植え込み型除細動器植え込み手術が行われます。植え込み型除細動器は、心拍を常時監視し重症の心室頻拍や心室細動発作をきたした際に、抗頻拍ペーシングや除細動ショックにより不整脈を停止します。これにより、心臓病死の大きな原因となる突然死を予防することが可能となります。心室内伝導障害を伴った心不全に対しては、心臓再同期治療が行われます。心房と右心室および左心室の複数箇所から電気刺激することで心臓の協調した収縮を回復させ、心臓が協調的に収縮しないために起こる悪影響を改善させる治療法です。薬物治療の限界を超えて心不全の病状を改善させる多くの可能性があります。

このように不整脈の治療は、様々な薬物療法のほかに、多くの手術的治療法があります。不整脈センターでは患者さんの病態にあった治療法の選択や組み合わせを行いたいと考えています。不整脈の診断や治療にお悩みの際は、お気軽にご相談ください。

主要機器

  • 心臓電位解析システム

    心臓電位解析システム

  • 3次元カテーテルナビゲーションシステム

    3次元カテーテルナビゲーションシステム

  • 不整脈治療用植え込みデバイス

    不整脈治療用植え込みデバイス

スタッフ紹介

  • 循環器内科教授・不整脈センター長/南野徹

    循環器内科教授・不整脈センター長/南野 徹

  • 不整脈センター/和泉大輔

    循環器内科/和泉大輔

  • 不整脈センター/佐藤光希

    循環器内科/佐藤光希

WEBサイト

« 前のページに戻る