中央診療施設などのご紹介

医師キャリア支援センター

医師キャリア支援センターは、臨床研修終了後の専門研修医や、その指導にあたる指導医の支援を目的に、平成20年度に新潟大学医歯学総合病院内に設置されました。

専門研修医・指導医の支援として、医師キャリア支援センターでは以下のような取り組みを行っています。

 

「平成29年度新潟大学専門研修プログラム」の刊行

専門医制度は、平成29年度に関しては従来通り、各学会の独自の専門医制度、専門医認定が継続することになりましたが、その実施方式については、各領域の基幹学会に対応がゆだねられ、新専門医制度向けに構築した新専門研修プログラムに移行する領域、従来の専門研修プログラムを継続する領域と、各領域によって対応が異なることになりました。「平成29年度新潟大学専門研修プログラム」では、新潟大学の全26領域の現時点の専門研修プログラム情報を網羅した内容になっています。また、Web版を当センターのHPで公開しており、全国の研修医や医学生への情報発信を行い、広く本プログラムへの参加者を募集しています。

医師キャリア支援センターへの登録システムの構築

本プログラムの参加者である専門研修医は、全員が医師キャリア支援センターに登録しており、各自のデータベース、専門研修コース、研修病院、研修進捗状況、専門医取得状況、学位取得状況などを定期的に更新して、専門研修中のそれぞれのキャリアが把握可能です。また、専門研修コース修了後も、その後のキャリア形成の把握と継続的な支援を行います。登録もHP上に厳重なセキュリティーをしいた登録・更新サイトを構築しており、Web上での登録・更新が可能です。

連携テレビシステムの導入

これまでに、新潟県内の17の医療機関に光ファイバー回線による連携テレビシステムを導入し、ネットワークを構築してきました。また、以前導入した地域支援テレビシステムとも互換性があり、新潟県内においては29の医療機関と新潟大学とを結ぶ連携テレビシステムのネットワークとなっており、複数施設と同時接続可能となっています。連携テレビシステムをより広範に導入することで、大学病院と関連医療施設、あるいは関連医療施設間の遠隔医療による医療連携や、参加者のニーズに対応した大学病院指導医による遠隔指導を行っています。また、関連医療機関の研修医向けに大学病院でのランチョンカンファレンス、チェストカンファレンスなどの配信を行っています。2010年10月からは、本院の高次救命災害治療センターにも連携テレビシステムを配置し、24時間対応の遠隔救急アシスト指導を行っています。これにより関連医療施設の医療スタッフは、広範な領域の救急医療を安心して行うことが可能となりました。また、2011年10月からは、新潟大学医歯学総合病院で行われているカンファレンス、検討会を、コンテンツとしてテレビシステム付属のサーバーに保存し、テレビシステム設置の各医療機関へ向けて、24時間対応のオンデマンド配信を行っています。

専門研修用高度シミュレーターの導入

新潟大学病院に、診断用あるいは治療用シミュレーターなど、専門研修に有用と思われる様々な高度シミュレーターを導入しています。現在まで9コースに9機種のシミュレーターを導入しました。これによって、各分野の高度専門医療人の養成体制を支援してきました。また、新潟県臨床研修フォーラム等の機会を利用して、専門研修用高度シミュレーターのデモンストレーションを行い、臨床研修医、医学部生へのアピールも行っています。2014年8月からは、シミュレーターを新潟医療人育成センターに移動・設置し、さらに効率的な運用を図っています。

 

医師キャリア支援センターでは、このような様々な取り組みを通して、専門研修医や指導医の様々なスキルアップのニーズに応えるべく活動しています。

スタッフ紹介

    • narita1001

      部長/成田一衛

    • 特任講師/藤澤純一

      特任講師/藤澤純一

 

WEBサイト

« 前のページに戻る