中央診療施設などのご紹介

腫瘍センター

腫瘍センターは、病院内のがん診療を統括・サポートする部署です。通院治療室、緩和ケア室、がん相談支援室、およびがん登録室で構成されています。通院治療室では、専任の医師、薬剤師、および看護師が各診療科における外来のがん薬物療法を実施しています。緩和ケア室では、いろいろな職種の医療者がメンバーとなって緩和ケアチームを作り、入院および外来患者さんの緩和ケアをおこなっています。がん相談支援室では、がんに関わる様々な悩みや相談にお答えしています。がん登録室では、院内で診断・治療を受けた患者さんの情報を登録し、実態を把握しています。腫瘍センターはこれらの活動を通して、がん患者さんに最良の医療を提供し、がん診療の向上に努めています。

特色ある治療

通院治療室では、患者さんが社会生活をしながらがん治療を受けられるよう、通院患者さんのがん薬物療法を実施しています。緩和ケア室の緩和ケアチームでは、入院および外来のがん患者さんのからだやこころのつらさを緩和するための治療を行っています。がん相談支援室では、がん患者さんおよびご家族からの様々な相談や質問にお答え致します。

主要機器

  • 通院治療室

    通院治療室

スタッフ紹介

  • センター長/西條康夫

    センター長/西條康夫

  • 副センター長/増子正義

    副センター長/増子正義

WEBサイト

« 前のページに戻る