中央診療施設などのご紹介

栄養管理部

栄養管理部では、「治療行為の一翼を担う部門として『食は命の根源である』ということを心にとめ、患者の立場に立った食事の提供と適切な栄養管理及び栄養教育により患者の健康回復に寄与することに努める。」との基本理念の下、業務に取り組んでいます。主な業務として、おいしく安全な食事の提供と、患者さんへの栄養管理・栄養教育を行っています。

病院食は約150種類の食事に対応し、毎食平均約600食を提供しており、スタッフ一同おいしく召し上がっていただくように努力しています。入院中でもできるだけ食事を楽しんでいただけるよう、病棟バイキングや選択メニュー、祝膳(誕生日・出産)、行事食(年間約25回以上)を行っています。また、体調や病状による食欲不振がある場合には管理栄養士による個別訪問を実施するなど、おひとりおひとりの栄養面でのサポートを行っています。

食事療法が必要な患者さんに対しては、予約制で管理栄養士が医師の指示に基づき栄養指導を実施しています。栄養指導は個別の指導の他、糖尿病・生活習慣病教室、ヘルシーダイエット教室、母親教室などの集団指導を他の医療スタッフとともに開催しています。また入院患者さんに対して「栄養サポートチーム(NST)」の活動を実施しています。NSTとはチーム医療のひとつで、特に栄養状態の低下の見られる患者さんに、医師・歯科医師・管理栄養士・看護師・薬剤師・臨床検査技師等の多職種のスタッフが協同し、それぞれの専門性を生かした質の高い栄養管理を行っています。緩和ケアチームの一員としても活動し、患者さんの症状の緩和の一助となるよう食事・栄養面からのサポートを行っています。他に、院内での勉強会の開催、学生実習・院外研修生の受け入れを通して栄養管理の知識の啓発や教育にも積極的に取り組んでいます。

主な実施日等

・栄養指導

個別指導 外来・入院とも 月~金曜日 午前:午後
集団指導

糖尿病教室・生活習慣病教室・・・毎月2回担当
ヘルシーダイエット教室・・・毎月1回
母親教室・・・毎月1回
腎臓病教室・・・年4回
肝臓病教室・・・年3回

 

・栄養サポートチーム(NST)

チーム回診 毎週金曜日午後
  • 栄養管理部
  • 栄養管理部

« 前のページに戻る