中央診療施設などのご紹介

【歯科外来電話番号】025-227-2951/025-227-2952/025-227-2957/025-227-2960
電話での診療予約の変更等について

インプラント治療部

歯科用インプラントとは人工歯根のことです。天然歯(自分の歯)が失われ、欠損部の修復が必要となった場合に顎の骨にインプラント(チタン製のネジ)を1本から数本埋め込み、その上に冠をかぶせて、物を咬む機能や見た目を回復する方法がインプラント治療です。インプラント治療を行う場合、ブリッジのように隣の歯を削る必要はなく、また入れ歯のように金属製のバネなどは必要ありません。元々あった歯と同じ様に、無くなった部分を補う(補綴する)ことができます。

なお、総入れ歯の場合などで、少数のインプラントを使用する場合には、入れ歯を支えて安定させるためにインプラントを埋め込むこともあります。インプラント治療の流れは、診査、診断、治療計画に基づいて、インプラント埋入手術を行い、その後に、歯肉から上の上部構造を作製します。なお、インプラント治療には健康保険が適用されないのが一般ですが、顎の状態によっては健康保険が適用されることもあります。

特色ある治療

  • インプラントの骨増生
  • 自家培養骨膜細胞を併用した骨増生
  • 広範囲顎骨支持型装置(保険適用)
  • コンピューターガイドシステム
  • 病診連携

主要機器

  • CT所見を分析したコンピューターシミュレーションにより、骨内にインプラント(赤、青)が9本埋入可能であり、右側上顎では骨量が不足と判断され、骨造成(緑色)が計画される。

    CT所見を分析したコンピューターシミュレーションにより、骨内にインプラント(赤、青)が9本埋入可能であり、右側上顎では骨量が不足と判断され、骨造成(緑色)が計画される。

  • コンピューターガイドシステムにより、歯がない患者さんに(A)、ミュレーション通り(B) 、インプラント埋入を適正に行い(C) 、その日に固定性ブリッジが可能となる(D)

    コンピューターガイドシステムにより、歯がない患者さんに(A)、シミュレーション通り(B)、インプラント埋入を適正に行い(C)、その日に固定性ブリッジが可能となる(D)。

スタッフ紹介

  • 教授/魚島勝美

    教授/魚島勝美

  • 病院准教授/星名秀行

    病院准教授/星名秀行

  • 特任助教/山田一穂

    病院助教/山田一穂

WEBサイト 外来案内図

« 前のページに戻る