中央診療施設などのご紹介

感染管理部

感染管理部は、新潟大学病院において、「HIV医療体制整備」、「院内感染対策」および「感染症治療指導」を行う部門として、平成15年4月より活動しています。その業務は、①地域のHIV医療を充実すること、病院において、②患者および家族のみならず、職員、学生(医学部、歯学部、その他)、外部委託業者など、病院を利用するすべての人を種々の感染症から守ること、③感染症治療を適切に実施することの3つです。行政を含む様々な方々の協力と支援をいただきなから、地域医療の充実と発展に貢献することを使命としています。

感染管理部の沿革

HIV感染者・ AIDS患者が日本のどの地域においても適切な医療を受けられることを目的に、平成5年(1993年)、各都道府県にエイズ治療の「拠点病院」が設置されました。さらに平成9年 (1997年)に、全国を北海道、東北、関東・甲信越、北陸、東海、近畿、中国・四国、九州の8ブロックに分け、それぞれのブロックの核となる「エイズ治療ブロック拠点病院」が選定され、本院は新潟市民病院、新潟県立新発田病院とともに関東・甲信越地区の「エイズ治療ブロック拠点病院」の1つに指定されました。その際、「感染症管理室」が設置され、HIV感染症患者の自施設での診療および主に関東・甲信越地区を中心としながら他の各ブロックの施設と共同でHIV医療体制整備を目的とした活動を開始しました。

その後、高度先進医療に伴う易感染患者の増加、MRSAなどの多剤耐性菌の出現、新興・再興感染症の登場、インフルエンザや麻疹の流行など、病院内の感染防止対策の必要性が重要視され、合理的で効果的な感染管理システムを構築し、実践的な感染管理を行うことが必要となりました。本院においては、従来、「院内感染対策委員会」が活動していましたが、その委員会の実効性を高め、対策のさらなる充実を目的として、「感染症管理室」を取込む形で、上述の3つの業務を行う部門として新たに、平成15年(2003年) 4月、「感染管理部」が設置されました。

感染管理部の業務内容

HIV医療部門

抗HIV薬の進歩により致死的な疾患ではなくなったHIV感染症ですが、かわって長期的な薬剤投与による副作用の問題について基礎的な検討を行いつつ、臨床的なデータを蓄積して新たな治療への応用を図っています。長期的な管理において専任コーディネーター看護師が専門的な立場から患者を支援し、また、心理カウンセラーがカウンセリングを行い、チームとして対応しています。

院内感染対策部門

院内感染対策については、①感染管理部と細菌検査室との連携によるサーベイランス業務の充実、②専任の感染管理担当看護師による教育やコンサルテーション活動、③医師、検査技師、看護師、薬剤師、時に実習学生も交えた多職種チーム(ICT:インフェクションコントロールチーム)による院内ラウンド、④電子カルテを利用した抗菌薬の使用届け出に基づき、担当薬剤師を中心に処方医に対して、適宜、フィードバックコメントを実施、⑤感染管理部会議(毎週)、感染対策委員会(毎月・臨時)とICM会議の開催、⑥ICニュース作成・配信と対策の啓蒙、⑦院内感染対策研修会の開催、などを業務とし、さらに、⑧地域病院と連携し、新潟県内の院内感染防止対策の質向上を目的とした「新潟医療関連感染制御コンソーシアム」の事務局の機能も担っています。

感染症治療部門

多様化・重症化する感染症の治療に対しては、「感染症外来」として、各部署からのコンサルテーションに対応し、また、細菌検査部と連携して、入院の感染症症例に対する抗菌薬の適正使用のためのコメントを担当医に送付し、あるいは直接担当医と協議、検討して、より良質な医療の提供のために活動しています。

スタッフ紹介

部   長 : 菊地 利明

副 部 長 : 茂呂 寛

看 護 師 長 : 内山 正子

副看護師長 : 川口 玲

副看護師長 : 青木 美栄子

WEBサイト

« 前のページに戻る