専門研修用高度シミュレーター

ボクセルマン・シミュレーター

平成22年度より、当科病棟に設置しておりますボクセルマンシミュレーターの使用状況につき報告させていただきます。本機器は耳鼻咽喉科の専門医研修において、専門研修医が側頭骨外科や副鼻腔手術の技能を習得することを目的とするものです。予め入っている画像データや実際の患者の画像データを用いて実際の手術に即した疑似体験を行うことができ、局所解剖の理解や早期の手術技能の獲得に有用です。

側頭骨や副鼻腔は、耳小骨・顔面神経・内耳・頭蓋底・頸動脈など解剖学的に複雑で理解しにくい器官より構成されており、術野も狭いため研修医が術前や術中に疾患に対する理解を深めることが従来困難でした。しかし本機器導入後に当科を研修に来た先生方は、自分の受け持った患者さんの画像データを取り込んで積極的に活用しており、疾患に対する理解を術前に深め、手術にも積極的に参加できることを実感していたようでした。専門医しか行えない手術の疑似体験ができるため、興味が深まり夜遅くまで没頭していた先生もいたようです。

また、研修医のみならず、耳鼻咽喉科専門医にとっても本機器は術前のイメージトレーニングに極めて有用であり、病変の局在を3次元的に理解することができ、危険部位を事前に予測することも可能であり、医療安全面からも効果的であったと思われました。