専門研修用高度シミュレーター

腹腔鏡手術トレーニング

腹腔鏡手術は、泌尿器科におきましても副腎摘出術、ドナー腎採取術、腎摘出術、腎部分切除術、腎尿管全摘術、根治的前立腺全摘術等必須の手技であり、認定医取得も求めてられているところです。従いまして後期研修医にとって腹腔鏡手術トレーニングは、重要な研修手段であり有効に活用しております。

また、当科を選択した前期研修医や泌尿器科臨床実習でも、腹腔鏡手術トレーニングによる研修をプログラムに組み込み有効利用し、好評を得ております。特に臨床実習1においては、隔週の木曜午後より泌尿器内視鏡認定医による講義および腹腔鏡手術トレーニングを用いた縫合練習を施行しております。

さらに、新潟県卒後臨床研修合同ガイダンスにおいてもデモンストレーション行っております。写真に臨床実習における使用状況をお示し致します。