専門研修用高度シミュレーター

大腸ビデオスコープ

磁気コイルが内蔵されており、内視鏡挿入形状観測装置「UPD」と使用することで、発生する磁気を「UPD」本体のアンテナで受信し、リアルタイムで3次元の挿入形状を表示できる。