専門研修用高度シミュレーター

内視鏡挿入形状観測装置「UPD」

内視鏡挿入形状観測装置「UPD」大腸内視鏡トレーニングモデルです。

「UPD」を使用することにより、大腸内視鏡トレーニングをリアルタイムで3次元の挿入形状を表示することができます。肛門部の開閉により、実際の大腸と同様送気や吸引操作により管腔が変化し、内視鏡挿入トレーニングを効果的に行えます。また、大腸各部の長さや固定位置を変化することができ、挿入に容易な大腸から困難な場合まで自在に作成しトレーニングができるため、内視鏡技術の向上、挿入困難例の模擬体験等の効果が期待できます。